第2回「ポストコロナのリモートワークを家族で乗り切るコツ」

こんにちは、アメリカ駐在妻ブロガーのミイと申します。

2021年の初冬現在、幸い日本でもアメリカでもコロナ感染者は抑えられていますが、それでもリモートワークやレジャーの制限など、まだまだコロナ以前と同じ生活には戻れていないのが現状です。

そこで今回の記事では、ポストコロナの不便さを家族で乗り切り、駐在生活を豊かに過ごすアイディアをいくつかご紹介したいと思います。

便利グッズ&リラックスグッズで住環境を快適に

 

まず最初にご提案したいのが、リモートワークや外出自粛で圧倒的に増えた家時間を快適にしようということです。

たとえば我が家では、外に遊びに行けないことで浮いたレジャー費を使って、以下のような便利グッズ&リラックスグッズを購入しました。

  • Berkeyの浄水器:
    ミネラルウォーターを買いに行く重労働から解放される。雨水でも飲めるレベルにろ過できるので非常時にも安心。
  • All-Cladの鍋&フライパン:
    自炊のモチベーションを上げる。フッ素加工なしなので体に優しく、一生使える。
  • Eamesのダイニングチェア:
    お洒落なインテリアで日々の生活に潤いを。子供が食べ汚しても簡単に拭き取れるのも魅力。
  • Brikkaのエスプレッソメーカーと電動コーヒーミル:
    完全に夫の趣味。ブルーボトルコーヒーの豆と共にリモートワークで大活躍。

こういうちょっと良い買い物は、買うこと自体がある種の娯楽になりますので、ストレスが溜まってきたタイミングで自分へのご褒美として購入すると、毎日を楽しく過ごせます。

一方、なるべく低予算で生活を便利にしたい!という場合は、まずはキッチン周りとバスルーム周りに置くものを工夫して、家事の負担を減らすのがおすすめです。

また、アメリカの家は何でも広く大きい造りなので、モノをごちゃつかせず綺麗に収納するのに意外と苦労します。そこで、整理棚や仕切りを使ってモノを出し入れしやすくすると、何をするにもスムーズで余計な負荷がかかりません。

小さなことではありますが、たとえばよく使うお皿を何種類も重ねずに、整理棚で仕分けてスッと取り出しやすくするだけで、日々のストレスが減少します。また、しまうのがラクになるため、家族が出しっぱなしにせず自分で片付けてくれるようになるのも嬉しいポイントです。

整理棚や仕切りは、IKEAやContainer Storeという収納専門店に行くと良いものが揃っていておすすめです。Amazonでも、たとえば「Kitchen Organizer」などと検索すると良いものがたくさん出てきます。

気持ちを切り替えられる仕事部屋づくり

リモートワークで旦那さんが家にいる場合、家事育児をする奥さんと互いに邪魔をしないように共存するのはなかなか大変ですよね。

また、本来はくつろぎの場所である自宅で、仕事のモチベーションを保つことに苦戦されている方も多いのではないでしょうか。

我が家は2BRのアパートで、一つの部屋を寝室、もう一つを子供部屋にしていますが、夫には子供部屋の方に机と椅子を置いて、そこでリモートワークしてもらっています。

子供のおもちゃや絵本で少し雑然とはしているのですが、あえて普段入らない子供部屋で仕事することにより、「子供部屋に入る=仕事の時間」とメリハリがついて良いようです。また、テレビやソファなどの誘惑がないので業務に集中できます。

また、主婦の私としても、日中は子供部屋に入ることはほとんどないので、夫がそこに篭っていても家事育児に全く支障がなく助かっています。

仕事部屋には、

  • オフィスチェア(ダイニングチェアと同じくイームスが欲しいらしいが、予算不足でIKEAで購入)
  • 電気スタンド(白く明るいライトで気持ちをシャッキリさせる)
  • プリンター(ほぼ使わないが、あると時々すごく重宝する)

を用意しています。

始業前にコーヒー豆を挽き、美味しいコーヒーを淹れてから仕事に向かう・・・というのが夫の朝のルーティンで、それで仕事のスイッチが入るようです。

夫婦でランチやお茶を楽しむ

夫が家でリモートワークしていて一番困るのが、毎日2人分ランチを用意しないといけないことですよね。

特に私は、1人だと納豆ご飯で満足してしまうタイプの人間なので、グルメな夫のためにちゃんとした食事を用意するのがとても苦痛です。しかも、昨晩の残り物をうまく活用しようとしても、たっぷり2人分には少し足りないんですよね・・・(涙)。

そこでおすすめなのが、Uber EatsやBent-Onなどの料理の宅配サービスです。Uber Eatsはサービス料やチップが発生して割高ですが、アメリカのレストランはとにかく一皿の量が多いので、余ることを見越してあえて多めの夕飯を頼み、余った分は翌日の昼食に充てると1回の宅配で2食分を賄えてお得です。

特にイタリアンレストランは他と比べて量が莫大なことが多いので、我が家ではお金はないけれど自炊したくない時は、スープやリゾットをどーんと頼んで何回かに分けて食べます。スープもリゾットも、時間が経っても味や食感が劣化しにくくオススメです。

Bent-Onとは、NYを中心としたアメリカ東部で利用できる日本食の冷蔵宅配サービスで、日本人の監修したちゃんとした日本食が1食ずつ真空パウチに入って届きます。Uber Eatsよりは割安で、私は産後2ヶ月ほど毎週お世話になっていました。
ランチだけでなくお茶の時間も、夫婦が協力してコロナ禍を乗り越えるのに重要な役割を果たします。我が家では夫が会議の合間にリビングでひと休憩することがあるのですが、その時に美味しいお菓子を用意して、2人でほっと一息つくようにしています。

わずか10分ほどの短い時間ですが、ここで、
「もうすこし会議のボリュームを落として欲しい」
「この時間帯は洗濯機を回さないで欲しい」
など、お互いに気持ちよく過ごせるよう意見交換を行い、今の状況や悩みを共有しておきます。こうしてミスコミュニケーションやストレスの芽を早いうちから摘んでおくことで、我慢の末の大爆発(笑)を未然に防いでいます。

相手に余裕がない時ではなく、美味しいお菓子を食べてリラックスしている時を見計らってさりげなく切り出すのが、うまくやるポイントです。

まとめ

さて、ここまでで、ポストコロナのリモートワークを家族で乗り切るコツとして、

  • 便利グッズ&リラックスグッズで住環境を快適に
  • 気持ちを切り替えられる仕事部屋づくり
  • 夫婦でランチやお茶を楽しむ

という3点をご紹介しました。どれかひとつでも、「やってみようかな」と思えるアイディアを提供できていたら幸いです。

次回は、「アメリカでの体調管理と風邪対策」をテーマに執筆する予定です。お楽しみに!


著者プロフィール:

ミイ
駐妻目線のアメリカ生活情報サイトCHEWIFEを運営し、フツウの日本人がアメリカで快適に暮らすためのお役立ち情報を配信。

2020年からはペアレントインストラクターの資格を取得し、アメリカでの出産・育児・幼児教育についても多数の記事を執筆している。

ニューヨークで実際に0歳児と4歳児を育てる母でもあり、いかにアメリカ在住のメリットを生かしてラクに育児できるかを日々模索中。

第1回「駐在を機に、家庭やプライベートを充実させよう」

こんにちは、アメリカ駐在妻ブロガーのミイと申します。
今月から、リダックくらぶメンバーの皆さまに向けて、アメリカ生活を快適に楽しむためのコツをテーマに隔月で執筆させて頂くことになりました。

皆さまが、レジャーやグルメ等のアメリカならではの楽しい部分・お得な部分を堪能しつつ、なおかつ言語や文化の違いをうまく乗り越えて安心して暮らせるよう、自分の経験談や失敗談を交えながらお話していきたいと思います。

第1回「駐在を機に、家庭やプライベートを充実させよう」

初回の今回は、アメリカ駐在ならではの「仕事とプライベートのバランス」についてご紹介いたします。といっても、このテーマはコロナ前とコロナ後で大きく内容が分かれますので、まず今回は、コロナ以前のワークライフバランスについて書いてみたいと思います。

アメリカ人は仕事よりプライベート優先!?

アメリカと日本の最大の文化の違いは、何といっても仕事とプライベートの比率です。

どんなに仕事が山積みでも、5時になればパソコンの電源を落として家に帰りますし、あらかじめアサインされた業務内容以上のことは、「それは私の仕事ではありません」とバッサリ断ります。

そんなアメリカ人と一緒に働くからこそ、そのしわ寄せで日本人駐在員の業務量が増える・・・という話も聞きますが、一方でアメリカの、

  • アフター5の付き合いを強要されない文化
  • 会社にそこまで尽くさなくても許される文化

で働くことは、日本では当たり前だと思っていたライフスタイルを見直す良いきっかけになります。

飲み会は日本の半分以下

私が駐在妻の視点から、夫がアメリカで働いてくれて良かったと思う点は、圧倒的に飲み会が少ないことです。

車社会のアメリカではそもそも外でお酒を飲みにくいため、コロナ以前でも、飲み会は3か月に一度あるかないか。それも、歓迎会や送別会などの特別なイベントでしか集まりません。

さらに、子供がまだ小さい等の理由で終業後に時間を作るのが難しいメンバーがいる場合は、最初の1時間だけ出席して帰ったり、そもそも夜は避けて昼のランチ会にしたりと柔軟に対応してもらえます。

そんな社会だと、妻側からも、「今日は早めに帰ってきて欲しい」と言い出しやすく、育児中の夫婦にありがちな、ずっと妻が不満を溜め込んでいきなり爆発!といった事態も避けられます。

土日のホームパーティーは家族ぐるみ

「それでは、アメリカでは社員同士の交流は全くないの?」
と言われると実はそうでもなく、アメリカでは、飲み会の代わりにホームパーティーがとても盛んです。

しかもアメリカのホームパーティーは、家族同伴が当たり前。一番オーソドックスなのは、誰かの庭や公園などを使ったBBQですが、たいていは男性陣が買い出しから調理から全てやってくれるので、妻側はとてもラクです。

私も夫の会社関係のBBQには何度も参加してきましたが、恥ずかしながら一度もお肉を焼いたことがなく、子供を膝に乗せながら他の奥様や女性駐在員の方とおしゃべりして、さらに夫が肉を焼き終えたら、子供を任せてのんびりしていました。

唯一、私はお酒が苦手なので、夫には好きに飲んでもらって帰りは私が運転していましたが、それも夫婦そろってお酒好きなご家庭では、旦那さんの方が運転手であることも多く、こういう妻ファーストなアメリカの文化って素晴らしいなと感じます(笑)。

こういう場に出席すると、日本では料理なんて全くしない旦那様でも、「あれ、同僚のあいつ、やけに手際がいいな。俺も手伝わないとまずいかな・・・」 という心理が働き、見よう見まねで色々と覚えていってくれます。

その経験をきっかけに、妻から夫に家事の負担について相談しやすくなるというのも、アメリカのBBQの大きなメリットのひとつです。

もちろん、「貴重な土日は、パーティーよりも家でゆっくりしていたい!」という方もいらっしゃると思いますが(私もどちらかというとそっちのタイプです)、それならそれで、「今回は私はやめておきます」と断りを入れれば意思を尊重してもらえ、特に煩わしいしがらみはありません。

家族イベントのために有給を取りやすい

アメリカでは、日本ではありえないような私的な理由で有給を取っても許される雰囲気があります。

たとえば、私が一番びっくりしたのは、息子のデイケアで行われたハロウィンパーティーでのことでした。アメリカのデイケアは、日本で言うところの保育園で、共働きの家庭が子供を朝から晩まで預ける場所です。

そこで私は先生に、「ハロウィンパーティーは3時からだから、来られたら来てね」と言われて「ごめんなさい、ちょっと行けません」と断ったのですが、いつもより少し早い5時に迎えに行くと、すでに息子以外の子供はみんな帰ってしまっていました。

慌てて息子に話を聞くと、お友達はみんなお父さんかお母さんがパーティーに出席していて、パーティーが終わったら家族で家に帰っていったとのこと。今回ばかりは、面の皮が厚い私も大いに反省しました。

まさか全員のお父さんお母さんが、子供のパーティーのために時間休を取っているとは。おそるべしアメリカ。

しかし逆を言うと、「ハロウィンなので休みます」と言える雰囲気が会社にあるということでもあり、日本の企業戦士の皆さまも、アメリカ駐在を機に学校に子供の成長を見に行くチャンスを掴んでみてはいかがでしょうか。

アメリカ駐在は家庭やプライベートを充実させるチャンス

さて、ここまでで、

  • アメリカには、家族やプライベートを大事にする文化がある
  • 飲み会が少なく、アフター5も自分の時間を取りやすい
  • ホームパーティーは家族ぐるみで招待される
  • 家族のイベントを理由に有給を取りやすい

ということをご紹介しました。
このように、アメリカで生活していると、休日もアフター5も家族と過ごす時間が増え、日本では見落としがちだった家族のありがたみや、子供の成長などが見えてきます。

駐在中は業務量も増えてしまうのが辛いところですが、日々の仕事さえこなしていれば「帰ります」「休みます」と言いやすいことは確かであるため、どの程度のプライベートを確保してどう使うか、ご自身にとって最良のバランスを模索してみてください。

また、私のような駐在妻の皆さんも、どうぞお気を強く持って、「今年のハロウィン、休めないの?」と提案してみてください(笑)。

なお、次回の記事では、コロナ禍でリモートワークになったご家庭でのワークライフバランスや家族の在り方について執筆したいと思います。お楽しみに!


著者プロフィール:

ミイ
駐妻目線のアメリカ生活情報サイトCHEWIFEを運営し、フツウの日本人がアメリカで快適に暮らすためのお役立ち情報を配信。

2020年からはペアレントインストラクターの資格を取得し、アメリカでの出産・育児・幼児教育についても多数の記事を執筆している。

ニューヨークで実際に0歳児と4歳児を育てる母でもあり、いかにアメリカ在住のメリットを生かしてラクに育児できるかを日々模索中。