渡米前に行っておくべきこと

渡米前に行っておくべきこと

(渡米前準備)渡米前に行っておくべきこと

更新日: 2021年02月16日

現地の情報収集

ウェブサイト上では様々な情報が散乱しており、現地での生の情報を収集することは簡単な様で意外と難しいものです。情報収集のスタートアップとして、是非リダックの赴任前オリエンテーションをご利用ください。(全種無料)

① 赴任前オリエンテーション(全米版)
② 赴任前オリエンテーション(各エリア版)
③ 赴任前個別コンサルテーション
​※ ②、③はリダック拠点のあるエリアのみ

リダック 赴任前オリエンテーション

米国赴任予定の方々を対象にに、米国全土を対象としたウェブでのオリエンテーション(無料)を実施しています。
reloredac.com

渡米後の仮滞在の手配

渡米直後からお住まいが決まるまでの間は意外と時間がかかります。
ホテルの他にサービスアパートという選択肢もありますので、仮滞在の期間や用途によって計画してください。

リダック サービスアパート

サービスアパートメントとは、キッチン付きで家具・家電も付いた、短期滞在から利用可能な滞在施設のことです。
reloredac.com/service_apartment

歯医者・眼科

アメリカでは保険を適応したとしても、自己負担が非常に高くなります。歯医者と眼科は日本で行っておき、万全の態勢で渡米されることをおすすめします。

海外旅行保険

​サービスアパートによっては賠償責任に対する保険に加入しているかどうかの証明が必要となります。サービスアパートや、実際の長期滞在物件が決まれば、それらの住所を基にアメリカでの保険に加入することが可能となります。

リダック アドバンテージ

リダックの個人損害保険なら、しっかりと日本語でサポートしますので、安心してお任せいただけます。
reloredac.com/insurance

留守宅の管理

ご赴任期間の長さによりマイホームの取り扱いも変わってきます。比較的短い場合は空き家にしておいて空き家管理を依頼、比較的長期となる場合は売却や賃貸という可能性もでてきます。ご赴任が決まれば、一度プロの管理業者にご相談ください。

リロの留守宅管理

賃貸管理で35年の経験と実績。リロケーション・インターナショナルの「リロの留守宅」にお任せください。
tenrusu.jp

国際免許証の取得

アメリカで免許証を取得されるには、米国内での住所、住所証明(その住所が記載された契約書や郵便物等)、SSNなどが必要となり、取得までに少し時間がかかる可能性があります。日本の国際免許証の期限は1年間が一般的ですが、実際にそれが米国内で認められる期間は州により定められており、渡米後3ヶ月程度の州もありますのでご注意ください。

アメリカでも使えるクレジットカードの取得

アメリカでクレジットカードを取得するにはクレジットヒストリーが必要となり、最初のカードが承認されるまでは時間がかかるか、入手できたとしても上限額の設定が非常に低くなります。渡米前に作ることができるクレジットカードに申し込んでおくのがおすすめです。