第38回「愛を込めてシフォンケーキ」

第38回「愛を込めてシフォンケーキ」

アメリカ在住暦33年のお料理研究家が簡単で美味しいレシピをご紹介します。

更新日: 2021年02月02日

アメリカで新生活が始まると日本のスーパーで気軽で、かつ、安価だった食材が急に手に入らなくなり、得意料理のレシピがガラっと変わってしまった、という方も多いかと思います。

海外という慣れない環境で、食材も変わり、家族や自分自身にとって美味しくて健康的で、簡単に作れる料理はなかなか見つけるのが難しいですよね。さらに、日本ではあまり馴染みのないみんなで持ち寄りながらのパーティー「ポットラック」に招待された時のメニューは”日本食が良いのか”、”冷めても美味しいか”、”食べやすいか”など頭を悩ませます。

『みんなのレシピ』では、アメリカ在住暦33年のお料理研究家が日本でもお馴染みの料理から日本ではあまり目にしない食材を使ったレシピまで、誰でも簡単に作れて、健康で、美味しいお料理レシピを紹介していきます。

第38回「愛を込めてシフォンケーキ」

まだまだ寒さが続く中、心がぽっかぽっかするバレンタインデーがすぐそこまでやってきました。
日本では、女性が好きな男性に、愛の告白、感謝を送る日ということで当たり前のようにチョコレートをプレゼントしますが、ここアメリカでは男性からですので、日本とは真逆で驚いてしまいます。
プレゼントをする相手は、恋人に限らず、奥様だったり母親だったりと嬉しいものです。チョコレートに限らず、カードや薔薇の花束を贈ったり、一緒にコンサートや食事に行ったりと、人それぞれなのもアメリカらしいですね。
昨年は、孫がハートを沢山貼りつけた絵をプレゼントしてくれました。とても嬉しかったのが昨日の事のようです。
現在はあまり人との交流も出来ませんが、どうぞ楽しいバレンタインデーをお過ごしください。

おすすめ食材・器具リスト

チョコレート

アメリカでは信じられないほどチョコレート等の入ったあまーいクッキーやケーキ等が主流ですが、糖の分解が苦手な日本人が同じように食べていたら、糖尿病になってしまいます。どうぞ気をつけてください。今回はトレーダージョーズで大きなサイズ、500gで$4.99、小さなサイズ、1枚50gが3枚で$1.75、甘さ控えめのカカオ72%チョコレートとダークチョコレートを購入しました。


Heavy Whipping Cream

日本では生クリームにあたります。ホワイトソースやミルク系スープの味のコクを出すために使用したり、ケーキのデコレーションに使用します。今回は、クリームにチョコレートを混ぜてチョコレートのクリームを作ります。トレーダージョーズにて1pint $2.49で購入しました。


シフォンケーキの型(Chiffon cake pan)

シフォンケーキの型は、側面と中央の筒つきの底面との二重構造になっています。これは、火のまわりが外と中心部に均等にいくように考えられているからです。
素材は、アルミニウムが最適です。焼きあがった後、生地が縮まないように逆さにしておかなければならないので、テフロンは難しいですね。
サイズは色々ありますが、直径18センチ、高さ9センチの型を使用しています。値段は、$20前後になっています。


粉ふるい(Flour Sifter)

スポンジケーキを作る時にはかかせないものです。粉に空気を含ませて混ぜることによって、よりよいケーキが出来ます。粉を入れる時には、なるべく高い位置から粉をふり入れるとよいですね。なければ目の細かいザルを使ってもよいでしょう。写真の右は裏ごしにも使用出来るもので、左側は、取っ手を左右に動かしながら粉を落とす粉専用の粉ふるいです。

チョコレートシフォンケーキ

バレンタインデーのちなんで、チョコレートを使ったシフォンケーキをご紹介します。甘さ控えめ、カカオの香りを重視した軽いデザートに仕上げました。

【食材と目安の量(6〜8人分)】★印はおすすめ食材リストを参照

<黄身の入ったボール>

  • 卵黄身・・・大4個(黄色が薄め)
  • 砂糖・・・40グラム
  • カノーラオイル・・・大1
  • バニラエッセンス・・・小1
  • ミルク・・・60cc
  • 薄力粉・・・60g(ココア大2と混ぜ合わせておく)

<白身の入ったボール>

  • 卵白身・・・大4個
  • 砂糖・・・大2

<チョコレートクリーム>

  • Heavy whipping cream・・・200cc
  • ダークチョコレート・・・1枚(50g)
  • ラム酒・・・小1

<ハート型チョコレート>

  • カカオ72%チョコレート・・・1枚(50g)

<ウイップクリーム>

  • Heavy whipping cream・・・150cc
  • 砂糖・・・小1
  • グランマニエ・・・小1

料理の手順

下準備<オーブンを340°Fに温めておく>

1. 汚れ、水気のない大ボール2つに、黄身と白身を別々に入れる。

2. 黄身の入ったボールを泡立て器でよく混ぜ合わせ、次に砂糖を入れ更によく混ぜ、カノーラ油、バニラエッセンスを入れてなめらかに混ぜ合わせ、ミルクを入れてよく混ぜ合わせる。

次に薄力粉、ココアを混ぜ合わせたものをふるいにかけて入れて、トロッとする位によく混ぜ合わせておく。

3. 白身のボールは、ハンドミキサーで混ぜ合わせる。泡がフワフワしてきたら、砂糖を入れて角が立ってヒダが出来る位混ぜておく。

4. 3のメレンゲの1/4位を、ゴムベラを使って2の黄身のボールに入れ、ボールの底から上に動かし、切るようにしながら混ぜ合わせる。

5. メレンゲのボールに4の生地を入れ、ゴムベラを上下に動かし、切るように泡を消さないよう混ぜ合わせる。

シフォンケーキの型に流し、2度軽くトントンと容器を落として余分な空気を外に出し、オーブンの中段に入れ、30分焼く。

6. オーブンから型を取り出す。生焼けが心配な場合は竹串を刺して生地がついてこなければ出来上がり。

直ぐに逆さにして冷ます。生地が膨らんでいる場合は、細い瓶の蓋の上に置く。

7. チョコレートクリームを作る。小鍋に生クリームを入れ沸騰直前で火を消し、刻んだチョコレートを入れ、泡立て器でよく混ぜてボールに移し、冷たくなるまで冷やす。

8. ハート型チョコレートを作る。小鍋にチョコレートを刻み入れ、弱火にかける。ゴムベラで混ぜ合わせ、半分程度溶け始めたら、火を消し余熱でキレイにとかし、パーチメントペーパーに薄く伸ばしそのまま冷やす。

9. ウィップクリームを作る。ボールにHevay Whipping Creamを入れ、泡立て、泡立ってきたら、砂糖、グランマニエを入れて、角が立つ程度に泡立てる。泡立て過ぎると分離するので注意する。

10. 7が冷えたら、角が直ぐに倒れる位緩く泡立て、ラム酒を入れる。泡立て過ぎると分離するので注意する。

11. 8のチョコが固まったら、ハートの型紙を作り、ハサミを使ってハートを作る。9のウィップクリームを絞リ袋に入れ、好きな字を書く。

12. ケーキの入った型が冷たく冷えたら、生地が接触している側面、中央をペティーナイフではがす。型が外れたら、もう一つの型の底を同様にナイフを入れてはがす。

13.12を台にのせ、10のクリームをパテで全体に塗り、11をケーキに載せて出来上がり。

スポンジに塗った残りのチョコレートクリーム、字を書いた残りのウイップクリームは、ケーキに添えるクリームとして、器に入れておく。

【レシピのポイント】
シフォンケーキは、フワフワなケーキでお子様からお年寄りまで大好きなケーキの一つ。今回は、ビターな甘さがほんのりのチョコレートケーキに挑戦しました。
チョコを溶かしてパーチメントペーパーに平らに伸ばし、固まったチョコに文字を書くのも楽しいですね。網目に固まったチョコの利用も楽しそうです。バースデーやお祝いにも活用出来ますね。
クリームの中に少し入ったリキュールは、味の決め手になるので、ぜひ、お試しください。

【料理を食べた方の感想】
・甘さが程よく、スポンジもフワフワで美味しくいただけました。
・チョコクリームのカカオの香りとビターな甘さがよかったです。

今回のまとめ

シフォンケーキは、焼く時に型の内側にバターを塗ったり粉をふりかけたり、またはパーチメントペーパーを貼り付けたりする手間はなく、生地をそのまま型に流して焼くことが出来ます。基本的には、卵、砂糖、薄力粉があれば焼けてしまうような簡単なケーキなのです。
型には中央に筒付きの底面があるので、生焼けになることが少なく、よく膨らむのも嬉しいですね。
この様な状況で人との出会いも限られてしまいますが、どうぞ楽しいバレンタインデーになりますように!