Midtownのコンテンポラリージャパニーズ「ZUMA」

Midtownのコンテンポラリージャパニーズ「ZUMA」

更新日: 2015年12月02日

お店選びでもなかなか難しいのが、ランチミーティングや会食などのビジネスシーンではないでしょうか。

お相手の好みやTPOに合わせて、間違いのないお店を押さえておきたいものですよね。

今回は、そんなビジネス用途での利用にぴったりのレストラン「ZUMA」をご紹介します。Midtownは38丁目とマディソンアベニューの角に位置するこちらのお店、リダックのサービスアパートからのアクセスもばっちりです。(とさりげなく宣伝を笑)

ジャパニーズを基本に、フレンチやアメリカン等のテイストを取り入れたフュージョンスタイルが人気の「ZUMA」は、ロンドンをはじめ香港やドバイ、イスタンブールなど世界に展開しており、創業者であるRainer Beckerシェフは、東京のPark Hyattでの6年間の経験の中でこのレストランのコンセプトを得たそうです。

今回は近隣のビジネスマンでにぎわうお昼時にお邪魔しました。


フロントスタッフに案内されて店内に入ると、まず驚くのがダイニングスペースの広さです。吹き抜けの天井が解放的な1Fフロア、個室での会食が楽しめる2Fフロアに分かれており、1Fには寿司カウンターと炉端スタイルのグリルセクションがあります。洗練されたモダンなインテリアが素敵な店内は、大きな窓からが入る自然の光がリラックスした雰囲気を演出しています。

11:45の開店直後に訪問しましたが、予約が無く少人数の場合は寿司カウンターに通されるようです。テーブルが良い場合は予約しておくと良いですね。

メニューはディナーメニューも楽しめるアラカルトと、ビジネスランチのコースから選べますが、今回はランチコースをオーダーしました。

コースはアペタイザー2品とメイン1品にお味噌汁がついて$28。アペタイザーとメインは、どちらも5つのチョイスの中から選びます。 アペタイザーからはサラダ、手長えびとたらの餃子、揚げどうふのアボカドサラダ添え、サーモンのたたきを。メインからはちらし丼と牛フィレ肉の炭火焼きをオーダーしました。

サラダはベーシックですが彩りが良く、和風のドレッシングとレンコンチップがアクセントになっています。手長えびとたらの餃子は、プリっとした食感を想像していましたが、なんともふんわりと優しい口当たりでした。

揚げどうふは衣にケイジャンのようなスパイスが効かせてあり、食欲をそそります。サーモンのたたきはカボスの香りのポン酢ソースがとてもさわやかで美味く、ふと日本が恋しくなりました。カボスもそうですが、シソやみょうがといった脇役達の力は偉大だなぁ、としみじみ思った瞬間です。


出汁の利いたお味噌汁を頂きながら待つこと数分。フィレ肉の炭火焼きがやってきました。少し甘めの和風ソースがかかったお肉は焼き加減も良く、やわらかくて美味しかったです。ご飯に合いそう・・!と思う気持ちを止められず、結局ご飯を追加オーダーしてしまいました。ちなみに、丼物以外はコースにご飯はつきませんのでご飯党の方はご注意下さい。

ちらし丼は寿司カウンターが忙しいせいか、出てくるのに時間がかかりましたが、丁寧な盛り付けで目にも楽しく、美味しかったです。 女性にはちょうど良いくらいの量ですが、物足りないと思う方はアペタイザーで巻き寿司のセットを注文されると良いとおもいます。

12時半ごろにはほぼ満席になった店内を見渡すと、やはりビジネス利用のグループが大半といった感じでした。 雰囲気が良く、ヘルシーな和食を食べやすいアレンジで頂けるとあって、和食好きの米国人の方に特に人気のようです。

プライベートな会食には2Fの個室を、カジュアルなランチミーティングには1Fを、と様々なビジネスシーンで使えると思いますので、是非皆様のお店リストに加えて頂ければと思います。


ZUMA New York
261 Madison Ave, New York, NY 10016
Weekday [Lunch]11;45-15:00 [Dinner]18:00-24:00
 Weekend [Dinner]18:00-24:00 (日曜日は22:00閉店)
http://www.zumarestaurant.com/