第31回「グルテンフリーな米粉レシピ2種 」

第31回「グルテンフリーな米粉レシピ2種 」

更新日: 2020年06月26日

アメリカで新生活が始まると日本のスーパーで気軽で、かつ、安価だった食材が急に手に入らなくなり、得意料理のレシピがガラっと変わってしまった、という方も多いかと思います。
海外という慣れない環境で、食材も変わり、家族や自分自身にとって美味しくて健康的で、簡単に作れる料理はなかなか見つけるのが難しいですよね。さらに、日本ではあまり馴染みのないみんなで持ち寄りながらのパーティー「ポットラック」に招待された時のメニューは”日本食が良いのか”、”冷めても美味しいか”、”食べやすいか”など頭を悩ませます。

『みんなのレシピ』では、アメリカ在住暦33年のお料理研究家が日本でもお馴染みの料理から日本ではあまり目にしない食材を使ったレシピまで、誰でも簡単に作れて、健康で、美味しいお料理レシピを紹介していきます。

第31回「グルテンフリーな米粉レシピ2種 」

foodrecipe31_A-1

 

色々な事件が勃発するこの頃、先行き不安を感じる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。今回も皆様が自宅で楽しく、ヘルシーに料理が出来るよう、メニューを紹介させていただけたらと思います。

私たち日本人は、和食中心の食卓ですので、お米が中心の料理かと思います。お米にはグルテンが含まれていないので、最近は人気の食材になっています。
いつ頃だったか、グルテンフリーと言う言葉を耳にするようになり、数年前より、スーパーに並ぶ食品には、グルテンフリーと言う表示が目立つようになりました。
今では書いてあると売れ行きがよいのか、自信満々に表示され陳列棚に並んでいますから、時代の流れを感じますね。そのようなわけで、今回は小麦粉の代わりに、グルテンフリーの米粉を使った料理を紹介したいと思います。

おすすめ食材リスト

米粉

お米を砕いて粉状にしたものです。昔から使われてきた和菓子のほか、現在では微細な粉にしてパンやパスタ、天ぷら粉など幅広く利用が可能になってきています。油の吸収率が小麦粉よりも低く、更にグルテンフリーですので嬉しいですね。こちらは韓国マーケットで850g入り、$4程度でした。


あさり

チヂミに使用します。味は今一つですが、加熱済みで冷凍してあり使いやすいです。かき揚げの天ぷらや炊き込みご飯に入れたり、ショウガを効かせてあさりの佃煮を作ったりと色々楽しめます。こちらは韓国マーケットにて$4程度でした。

米粉であさりのチヂミ

米粉だと、小麦粉のようにダマにもならず、すうっと混ぜ合わせることが出来ます。表面がカリカリ、そしてもちもちに仕上がります。特製のたれで、楽しみましょう。

foodrecipe31_B-1

 

【食材と目安の量(4人分)】★印はおすすめ食材リストを参照

【A】

  • ★米粉・・・150g
  • 卵・・・1個
  • 和風だしの素・・・小2
  • 水・・・200cc

【B】

  • グリーンオニオン・・・3本(3センチの長さに切り縦に2等分にする)
  • にんじん・・・1/2本(3センチの千切り)
  • 枝豆・・・1/2カップ
  • ★冷凍あさり・・・1/2カップ

タレ2種

☆甘だれ

  • 醤油・・・大1
  • 酢・・・大1
  • 砂糖・・・小1
  • ケチャップ・・・大1
  • ごま油・・・小1/2

☆辛だれ
  • 醤油・・・大1
  • 酢・・・大1
  • Chili Garic Sauce・・・大1
  • ラー油・・・小1

レシピ

1. Aを混ぜ合わせる。

foodrecipe31_B-2

2. 1にBを入れ、よく混ぜ合わせる。

foodrecipe31_B-3

3. ノンスティックパンを中火にかけ、熱くなったら、カノーラ油を少し入れ、テッシュでフライパン全体を拭く。フライパンに1/4の具を入れて伸ばして蓋をする。

foodrecipe31_B-4

4. 3の表面が乾いた感じになったら、上下を返し、フライ返しで押し付けて平らに伸ばす。

foodrecipe31_B-5

5. 両面に火が通ったら、蓋を開けて再度両面を焼き、出来上がり。同様に残りの生地であと3回焼く。

foodrecipe31_B-6

6. タレは、混ぜ合わせて2種類作り、チヂミに添える。

foodrecipe31_B-7

【レシピのポイント】
子供も大人も楽しめる、辛いチヂミと甘めのチヂミ。おやつにも、酒の肴にもなる優れもの。栄養満点でグルテンフリーなのも嬉しいですね。
入れる具は、残り野菜でもよいし、ウインナーや昨夜の焼肉の残りでも美味しくできます。おやつや酒のつまみにも大活躍しそうですね。

【料理を食べた方の感想】
・薄めでもしっかり具があり、もっちりとして食べごたえがあります。おつまみやオードブルにGood!
・普通の縮みよりももちもちしています。食べやすくソースも美味しかったです。
・気持ちの良い触感と2種のソースが合いとても美味しいです。

米粉で楽しいクレープ

米粉で作るクレープをご紹介します。フルーツが美味しい時期ですので、色々と取り揃えて楽しんでみてはいかがでしょうか。
沢山作って皆で頂きたいものですが、なるべく自粛生活を強いられている今日。ご家族でお楽しみください。

foodrecipe31_C-1

 

【食材と目安の量(4人分)】★印はおすすめ食材リストを参照

生地

  • ★米粉・・・200g
  • 卵・・・1個
  • 砂糖・・・大1
  • 牛乳・・・350cc
  • バニラエッセンス・・・小1

トッピング

  • 苺、バナナ、ブルーベリー、ラズベリー、キーウィ、ピーチ等好きな果物をスライス
  • ゴートチーズ、アイスクリーム、チョコレートソース、ハチミツ、苺ソース等
  • ウィッピングクリーム(ウィッピングクリーム100cc+砂糖大1/2+バニラエッセンス1滴)
  • 苺ソース(苺1パック+砂糖40g+レモン絞り汁大2)

レシピ

1. ボールに卵を入れ、ほぐしたらミルクを入れなめらかにする。

foodrecipe31_C-2

2. 1に米粉と砂糖を入れてなめらかにし、最後にバニラエッセンスを入れてよくかき混ぜ、30分そのままにしておく。

foodrecipe31_C-3

3. 2を休ませている間にフルーツを適当な大きさに切り、生クリームを泡立てて、砂糖、バニラエッセンスをたらして、ウィッピングクリームを作っておく。

foodrecipe31_C-4

4. 苺を洗ってフードプロセッサーで少し粗め程度に潰し、鍋に入れ砂糖も入れて、中火にかける。

沸騰し、アクが出てきたら、取り除き、15分程度煮て、最後にレモン汁を入れて混ぜ合わせ、出来上がり。

foodrecipe31_C-7

5. 中火でノンスティックパンを温め、オイルを少し入れる。キッチンペーパーに水を浸し軽く絞って、熱くなったフライパンを拭いて、温度を均一にする。お玉一杯の生地を流し、フライパンを揺すって平たく全体に流す。

表面が乾いたら、ひっくり返して、軽く焼き、平たい皿に移す。これを回繰り返し、クレープ生地を約10枚焼く。

foodrecipe31_C-10

6. クレープ生地にトッピングを自由にのせ、仕上げます。

foodrecipe31_C-10

foodrecipe31_C-10

【レシピのポイント】
米粉で作るクレープは、モチモチしていて、トッピングによく合います。色々なアイデアで自分なりのクレープをデコレーションするのも楽しいですね。
今回はデザート系のクレープですが、スモークサーモンやクリームチーズ、ハーブを使ってアパタイザーにするのもよいですね。フルーツとゴートチーズ、ハチミツで頂くクレープも美味しいので、ぜひお試しいただけたら嬉しいです。

foodrecipe31_C-13

【料理を食べた方の感想】
・米粉でもっちりしたクレープとフルーツ、ホイップクリームが合います。アイスクリームを入れても美味しそう。
・後味がさっぱりで、触感もよく3個ぐらい食べれそうでした。子供とトッピングを変えながら色々な種類を作れそうです!
・たっぷり具をつめこんでかぶりつきたい一品です。

今回のまとめ

ここ近年、大人気になっている米粉を使った料理はいかがでしたか。日本の素晴らしい技術で、更に微細な米粉が誕生しており、小麦粉の代わりに色々な料理に使うことが出来るようになっているそうです。
ここアメリカでも、グルテンフリーは、皆さんの注目を浴びています。このご時世でポットラックパーティーもまだ出来ない状態ですので、紹介出来ないのが残念です。
私事ですが、3才の孫が隣の家に住んでおります。特にクレープは大好き!!満面の笑顔で、「ばあば、クレープありがとう!!」が、何より嬉しいこの頃です。アレルギーの心配も少ない米粉は、本当に有難いですね。