第21回「大人と子供にピッタリのデザートレシピ2種」

第21回「大人と子供にピッタリのデザートレシピ2種」

更新日: 2019年08月27日

アメリカで新生活が始まると日本のスーパーで気軽で、かつ、安価だった食材が急に手に入らなくなり、得意料理のレシピがガラっと変わってしまった、という方も多いかと思います。
海外という慣れない環境で、食材も変わり、家族や自分自身にとって美味しくて健康的で、簡単に作れる料理はなかなか見つけるのが難しいですよね。さらに、日本ではあまり馴染みのないみんなで持ち寄りながらのパーティー「ポットラック」に招待された時のメニューは”日本食が良いのか”、”冷めても美味しいか”、”食べやすいか”など頭を悩ませます。

『みんなのレシピ』では、アメリカ在住暦30年のお料理研究家が日本でもお馴染みの料理から日本ではあまり目にしない食材を使ったレシピまで、誰でも簡単に作れて、健康で、美味しいお料理レシピを紹介していきます。

第21回「大人と子供にピッタリのデザートレシピ2種」

夏休みは、ご家族で有意義な時間を過ごされたことと思います。今回は、大人が好きなデザートのティラミスとお子様が大好きなプリンケーキをご紹介します。
ティラミスは甘さ控えめで、かつ、簡単に作れるのでおススメです。プリンケーキはダイナミックに2層に重ねて蒸し上げるので食べるだけでなく、お子様と一緒に作るのも楽しい一品になっています。

今回号のレシピに使うおすすめ食材リスト

マスカルポーネチーズ

foodrecipe21-A-2

マスカルポーネチーズとは、イタリア原産のクリームチーズで、熟成させないフレッシュタイプのものです。クリームを固めてから水分を抜いたものですが、爽やか風味、ホイップクリームのような柔らかさで、ほんのりと甘味があります。 アメリカでは、手軽に購入出来きるもので、日常的に家庭料理で使われるものになります。今回はトレーダージョーズで購入しました。


フィンガービスケット

foodrecipe21-A-4

フィンガービスケットとは、北イタリアのピエモンテ発祥の伝統菓子です。油脂を加えず生地を作り焼く為、カロリーも低めで安心です。今回は、手間いらずの簡単ティラミスがテーマなのでフィンガービスケットをヨーロッパの食材のあるグロッセリーストアで購入しました。


マルサラ酒

foodrecipe21-A-3

マルサラ酒とは別名マルサラワインとも呼ばれています。ワインにアルコールを更に加えて、高温でワインが腐ったりするのを防ぐために考え出されたようです。こちらはトレーダージョーズで購入しました。ティラミスに使用します。


ココアパウダー

foodrecipe21-A-5

ココアパウダーは、アメリカではお馴染みの食材なので、どこのスーパーでも購入可能です。今回は砂糖が入っていないものを使います。こちらは、Safe Wayで購入しました。出来上がった後、ティラミスの上に食べる直前にふんわりとかけます。

大人におススメ簡単に作れる「ティラミス」

ティラミスは日本人でも知らない人がいないくらい、すっかり定着をしたイタリアの定番デザートです。材料は、簡単に手に入りますし、火を使わず出来てしまう程簡単なのでぜひお試しください。やさしい甘さ程度の砂糖、マイルドな口当たりのマスカルポーネ、卵で作る絶妙なハーモニーをお楽しみください。

【食材と目安の量(6~8人分)】 ★印はおすすめ食材リストを参照

    A
  • 卵黄(生で食べれる卵)・・・3個
  • 砂糖(グラニュー糖)・・・大3
  • ★マスカルポーネ・・・1パック(8oz)
  • ★マルサラ酒・・・大3
    B
  • 卵白(生で食べれる卵)・・・3個
  • 砂糖(グラニュー糖)・・・大1

  • ★フィンガービスケット・・・200グラム
  • インスタントコーヒー・・・マグカップ1杯分(濃い目に作る)
  • 砂糖(お好みで)・・・小2~4
  • ★ココアパウダー・・・適宜

【お料理の手順】

  1. ボールにAの卵黄を入れてよく混ぜあわせてから砂糖を入れ、少し白っぽくなるまで泡立て器で混ぜ合わせる。次にマスカルポーネチーズを混ぜ合わせ、マルサラ酒も入れて、なめらかにする。
  2. ボールにBの卵白を入れ、ハンドミキサー(なければ泡立て器)で泡立て、泡がふんわりしてきたら、砂糖を入れ、角が立つくらいしっかりと泡立てる。
  3. 1に2のメレンゲを2回に分けて、泡を潰さないよう、ゴムベラで円を書くように上下に動かしながら、切るように混ぜ合わせればクリームの出来上がり。
  4. 濃い目に作ったインスタントコーヒーに砂糖を入れてよく混ぜ合わせ、フィンガービスケットを1本ずつサッと浸して、容器の底に一列並べる。
    次にクリームを1/3入れて平らにします。
    その上に再度フィンガービスケットを一列ならべ、同様の工程を繰り返す。
    残りの1/3のクリームが上段になるので、入れて平らにし、ラップをして冷蔵庫に入れて1時間以上冷やす。
  5. テーブルに出す時に全体に茶こしでココアを振りかけて出来上がり。

【このレシピのポイント】
ティラミスは、前日に作り置きしたい場合、時間のある時に作って、冷蔵庫で冷やしておくことが出来ます。大人の為のデザートとしてご紹介しましたが、マルサラ酒を除けば、お子様でも美味しく頂けると思います。 インスタントコーヒーの代わりにエスプレッソにしたなら、更に本格的なティラミスになるでしょう。

「お子様におすすめのプリンケーキ」

プリン液とスポンジの生地を同じ型に入れて、蒸し上げます。プリンケーキというと手間がかかると思われがちですが意外に簡単に出来るのが嬉しいですね。カラメルのほろ苦さ、トロッとしたプリン、ふわっとしたスポンジの合体です。

【食材と目安の量(6~8人分)】  ★印はおすすめ食材リストを参照

    【カラメル】
  • 砂糖(グラニュー糖)・・・80グラム
    【プリン液】
  • 牛乳・・・400cc
  • 砂糖・・・60グラム
  • 卵・・・4個+卵黄1個分
  • 生クリーム(heavy)・・・80cc
  • バニラエッセンス・・・適宜
    【スポンジ生地】
  • 卵・・・1個+卵白1個分
  • 砂糖・・・大2
  • 薄力粉・・・50グラム
  • (アメリカの薄力粉Softasilkは第12回のおすすめ食材に掲載されています。)
  • カノーラ油・・・大2/3(なければお好きなオイルで)
    【トッピング】
  • 生クリーム・・・100〜200cc
  • 砂糖・・・大1〜2
  • ラズベリー、ブルーベリー等のフルーツ・・・適宜

【お料理の手順】
蒸し器に水を多めに入れ、火に掛けておく。(蒸し器がない場合は、深めの蓋付きフライパン、または鍋に5センチ程度の高さの台になるものをセットして蒸す事が可能) 例:裏ごし器、底がないケーキの型等、蒸気が遮断されないもの

  1. 直径18センチ程度のステンレスの型に砂糖を入れ、中火で火にかける。
    砂糖が解けてきたら弱火にし、カラメル色になるまで、揺すりながら、溶かし全体に焦げてきたら、火を消し、冷やす。カラメルの出来上がり。
  2. 鍋に牛乳、砂糖を入れ、火にかける。沸騰直前で火を消す。
  3. ボールにプリン液の卵入れ、泡立て器で泡をたてないよう、よくほぐしてから熱いままの2を入れ、混ぜ合わせ、生クリーム、バニラエッセンスを入れて更に混ぜて、茶こしで裏ごしして、プリン液の出来上がり。
  4. 熱湯をかけて温めたボールの水気を拭き取り、卵を入れ、ハンドミキサーで泡立てて全体にほぐれたら、砂糖を入れ、しっかりと泡立てる。量が少ないので、ボールを斜めにし、ハンドミキサーを寝かして行うとよい。
  5. 4にふるいながら小麦粉を入れ、ゴムベラを上下に動かしながら、泡を潰さないようさっくり混ぜる。
    最後にカノーラ油を入れて、同様に混ぜ合わせる。スポンジ生地の出来上がり。
  6. カラメルが固まった状態の所にプリン液を流し、その上にスポンジ生地をのせ、そのまま蒸気が出ている蒸し器に入れて、必ず蓋をして、蒸気が少し出る程度の温度(中火から中火弱)で、30分前後蒸す。表面があまり揺れない状態なら、出来上がり。 蒸し器から出してそのままにし、粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やしておく。
  7. よく冷えたら、型の壁との部分にナイフで切り目を入れ、皿の上に置き、少し揺すって出す。トッピングをあしらって出来上がり。

【このレシピのポイント】
カラメル、プリン液、スポンジ生地をポンポンと同じ型に入れて、蒸し上げるのはダイナミックで、出来上がりも楽しみですね。
型でうまくカラメルが出来ない時には、鍋で作って、流し入れてください。

蒸し器がなくても、鍋を蒸し器にみたてて出来るのが嬉しいですね。もし、オーブンを使用したい場合は、バットに水を張り、流し込んだ型を置いて、315度Fで60分程度です。オーブンによって多少時間は違ってきます。

料理を食べた方の感想

「大人におススメ簡単に作れるティラミス」
・何層にも分かれ、見た目にも美しく本格的な味わい!コーヒーや紅茶にはもちろん、赤ワインにも合いそうな美味しい一品です。
・ティラミス大好きです。お店で食べるティラミスに負けないおいしさ!大人の味という感じでした。エスカルポーネチーズもリッチ、なのにどこかさっぱりしていて食べやすく美味しかったです。

「お子様におすすめのプリンケーキ」
・甘さ控えめなプリンにクリームとフルーツをのせるとフルーツの甘さが加わって丁度良い甘さになる。飾り付けがきれいでイベントなどに最高。自分のようにスポンジづくりが苦手な場合はプリンだけでも十分美味しいと思います。
・ホールの大きいプリンを見ただけでうれしくなります。カラメル、卵液、スポンジを同時に蒸せる事にビックリでした。甘さも丁度良くて美味しい。是非挑戦したいです。

今回のまとめ

いつの間にか、秋の気配を感じる季節になりました。子供たちは新学期が始まり、慌しい日々を過ごされていた事と思います。

今回の2種のデザートですが、いかがでしたか。火を使わず作るティラミスは、ここアメリカだからこそ、簡単に安く材料を揃えられ、あっと言う間に出来ますので、時間を掛けたくない人にも優しい一品です。そして、プリンケーキは、作るのも食べるのも楽しい子供たちにも人気のデザートです。
大切なご家族やお友達のためにぜひ、お試しください。