第18回「栄養たっぷりのヘルシークッキー」

第18回「栄養たっぷりのヘルシークッキー」

更新日: 2019年05月29日

アメリカで新生活が始まると日本のスーパーで気軽で、かつ、安価だった食材が急に手に入らなくなり、得意料理のレシピがガラっと変わってしまった、という方も多いかと思います。
海外という慣れない環境で、食材も変わり、家族や自分自身にとって美味しくて健康的で、簡単に作れる料理はなかなか見つけるのが難しいですよね。さらに、日本ではあまり馴染みのないみんなで持ち寄りながらのパーティー「ポットラック」に招待された時のメニューは”日本食が良いのか”、”冷めても美味しいか”、”食べやすいか”など頭を悩ませます。

『みんなのレシピ』では、アメリカ在住暦30年のお料理研究家が日本でもお馴染みの料理から日本ではあまり目にしない食材を使ったレシピまで、誰でも簡単に作れて、健康で、美味しいお料理レシピを紹介していきます。

第18回「栄養たっぷりのヘルシークッキー」

唐突に始まりますが、私が初めてアメリカを訪れたのは1980年代後半でした。食生活を生真面目に考えていた私にとって、肉の大きさ、デザートの甘さには、ただただ驚くばかりでした。もともと肉が苦手だったので、あまりに大きな塊の肉を見てギョッとしたり、これでもかというほどに甘いデザートにはなかなか馴染めませんでした。
よくよく冷静に考え、過去を振り返ってみると、ここで生活をしていなかったら、おそらく料理への興味はそれほどではなかったのかも知れません。ここでの生活があったからこそ美味しく、簡単に、ヘルシーな料理を何度も試行錯誤するようになったのです。
前置きがやや長くなりましたが、今回のクッキーレシピはその中の一つです。時代の流れに合わせて、小麦粉の量を減らし、アーモンドパウダーを使用したクッキーのレシピもご紹介しますので、どうぞお楽しみに!

今回号のレシピに使うおすすめ食材リスト

クランベリーとゴールデンレーズン

foodrecipe18-A-2

ドライクランベリーは、酸味が強くそのまま食べることはありませんが、抗酸化作用が強いため、昔から万能薬として利用されてきました。今回はCostcoでドライフルーツに加工されたもの購入してきました。
ゴールデンレーズンは、日本ではあまりお目にかからないかもしれませんが、皮が薄く、黄金色で酸度、甘味が少なめの上品なレーズンです。今回はトレイダージョーズで購入しました。 使用する前に、熱湯に入れ、ざるにあげてください。表面に付着しているものがとれ、ふっくらとしますので、美味しくなります。保存に関しても問題ないので、ぜひお試しください。


アーモンド

foodrecipe18-A-3

アーモンドはアメリカでも大人気。サラダやスナック、デザートなどにも使われます。アメリカ人はナッツ好きな方が多いですが、それもそのはず、アーモンドは栄養価が豊富なうえ、アンチエイジングやダイエットにも効果があり、生活習慣病を予防してくれます。今回はトレーダージョーズで購入したスライスしたものを用います。


粉砂糖

foodrecipe18-A-4

粉砂糖は、グラニュー糖を粉状に挽いて作る、パウダーのような砂糖です。お菓子を作るのに用いられる事が多いです。今回は、焼きあがったクッキー生地の上にペースト状にしたものを全体に伸ばします。


オールパーパス粉

foodrecipe18-A-5

日本ではグルテンの量で、強力粉(パン等)、中力粉(うどん等)、薄力粉(ケーキ、天ぷら等)に分かれていますが、アメリカでは殆どの料理にオールパーパスが使われ、パン用にはブレッドフラワーがあります。日本との違いは、粉がオーガニックか、そうでないか、ブリーチされているか、いないかの必ず両方のタイプが売られているのも興味深いですね。
今回は、トレーダージョーズで購入したブリーチしていないタイプの小麦粉を使用します。


アーモンドフラワー

foodrecipe18-A-6

最近はグルテンを気にされる方も多いのでアーモンドフラワーでクッキーを作りたい方におすすめです。今回はオールパーパス粉のみと、このアーモンドフラワーを混ぜた生地とで作ったレシピをご紹介します。
アーモンドフラワーを使うとクッキーがさらに軽い感じに仕上がります。

「カリフォルニアドライフルーツクッキー」

材料を上から順々に入れて、混ぜていくだけで生地が出来上がります。バターの量を半分にし、オリーブオイルを使用しています。もちろん砂糖も、素材をおいしさを損なわない量にしました。手間いらずで簡単に出来ますので、ぜひお試しください。

【食材と目安の量(写真のクッキーが約40枚】
★印はおすすめ食材リストを参照

1カップはアメリカンサイズのカップ(240cc)を使用してください。

  • バター(unsalted)・・・1本(4OZ)
  • オリーブオイル・・・100CC
  • (ベジタブルオイルでも可)
  • ★グラニュー糖・・・1/2 カップ
  • ハチミツ・・・1/4 カップ
  • 卵・・・3個
  • ★オールパーパス小麦粉・・・3カップ弱

    【A】浸して1日以上置くとよい

  • ★ゴールデンレーズン・・・1/2 カップ
  • ★クランベリー・・・1/2 カップ
  • ラム酒・・・1/2 カップ
  • ★スライスアーモンド・・・1/2 カップ
  • 粉砂糖・・・1/2 カップ
  • 水・・・小2程度(少し固い練り状態にする)

【アーモンドフラワーを使ったバージョンクッキー】
冒頭でご紹介したアーモンドフラワー使ったバージョンのクッキーを作る際には、オールパーパス小麦粉3カップ弱の代わりに以下の配合でご使用ください。

  • オールパーパス小麦粉・・・1 1/2カップ
  • アーモンドフラワー・・・2 1/2カップ

【前日の下準備】

  • 【A】を混ぜておく。(1日以上ラム酒に漬け込む)

【当日の下準備】

  • 型にパーチメントペーパーを敷いておく。(25.5cmX19cm or 23.5cmX27.5cm程度のもの)
  • オーブンを355°Fにプレヒートしておく。
  • バターを室温に戻しておく。

【お料理の手順】

      1: ボールに室温で柔らかくなったバターを泡立て器でよく混ぜ、オリーブオイルも混ぜて、なめらかにする。次に砂糖を入れよく混ぜ、ハチミツを入れ更によく混ぜる。

      2: 1に1つずつ卵を入れ、泡立て器でよく混ぜ、クリーミーな状態にする。

      3: 2に小麦粉を入れ、ゴムベラで上下に動かし混ぜていく。

      全体に混じったら、Aのラム酒漬けドライフルーツ、スライスアーモンドを入れ、更に上下に動かしながら混ぜ合わせる。

      4: 型に3を流して平らにし、ヘラで表面をなめらかに仕上げる。

      5: オーブンに入れ、30分焼く。まわりがブラウンになっていて、生地を押してしっかりしているようなら焼きあがり。もし、心配なら、あと5分程度追加する。

      6: オーブンから出し、型を外し、パーチメントペーパーを外して網の上に置き

      すぐに水で練った粉砂糖を生地の表面に伸ばしてから、完全に冷ます。

      7: 長さ5センチ、1センチ幅程度に切り分ける。

【便利な器具】

・デコレーション用ヘラ、用途に合わせて使い分けます。今回は、手前の小さなヘラで、表面を平らにする際に使用しました。

【このレシピのポイント】
夏休みがすぐそこまでやってきています。皆さん旅行をされたり、パーティーをされたり、楽しい時間を過ごされる事と思います。このクッキーですが、エネジーバーに近い感覚ですので、栄養補給食品として食べていただいても嬉しいですね。

料理を食べた方の感想

「カリフォルニアドライフルーツクッキー」

  • 甘さ控えめでドライフルーツたっぷりのヘルシーなクッキー。いくつでも食べられます。
  • とても柔らくコーヒーのおともに最高でした!忙しい朝の朝食にも最高です。

アーモンドフラワーを使った「カリフォルニアドライフルーツクッキー」

  • ほのかに香るアーモンドと柔らかい生地の中に入っているクランベリーの歯ごたえがよかったです。
  • アーモンドフラワーで少しサクサクした食感がいいです。

今回のまとめ

夏休みがすぐそこまでやってきています。行楽シーズンだったり、ポットラックパーティーも増えてくることでしょう。ぜひ、一度試してみてください。