第23回「オートミールを使った栄養満点レーズンクッキー」

第23回「オートミールを使った栄養満点レーズンクッキー」

更新日: 2019年10月28日

アメリカで新生活が始まると日本のスーパーで気軽で、かつ、安価だった食材が急に手に入らなくなり、得意料理のレシピがガラっと変わってしまった、という方も多いかと思います。
海外という慣れない環境で、食材も変わり、家族や自分自身にとって美味しくて健康的で、簡単に作れる料理はなかなか見つけるのが難しいですよね。さらに、日本ではあまり馴染みのないみんなで持ち寄りながらのパーティー「ポットラック」に招待された時のメニューは”日本食が良いのか”、”冷めても美味しいか”、”食べやすいか”など頭を悩ませます。

『みんなのレシピ』では、アメリカ在住暦30年のお料理研究家が日本でもお馴染みの料理から日本ではあまり目にしない食材を使ったレシピまで、誰でも簡単に作れて、健康で、美味しいお料理レシピを紹介していきます。

第23回「オートミールを使った栄養満点レーズンクッキー」

オートミールは、栄養バランスの優れた食品です。欧米ではお馴染みのオートミールを使ったクッキーをご紹介したいと思います。食欲の秋だからこそ、栄養価が高く、甘さ控えめなクッキーが何よりですね。簡単に出来るよう、工夫を凝らしていますので、ぜひお試しください。

今回号のレシピに使うおすすめ食材リスト

オートミール

foodrecipe23-A-2

オートミールの原材料は、オーツ麦ですが、そのままでは食べられないため、調理しやすいように加工されています。今回使用するロールドオーツは、短時間で調理が出来る優れものですが、これをオートミールと呼んでいます。オーツ麦の殻皮を取り除いたものを「ホールグローツ」と言い、そのホールグローツを引き割ったものが「カットーオーツ」と呼ばれています。そのカットオーツを蒸して平たく伸ばした物がロールドオーツになります。植物性たんぱく質、カルシウムや鉄分などのミネラルもたっぷり含まれています。ミネラルは、身体の中で作る事が出来ないので、食物からミネラルを摂取することはとても大切ですね。また、食物繊維が豊富で精白米の20倍、玄米の3.5倍も多く含まれています。食物繊維の中には、血液中のコレステロールを排出させる働きがあり、そして整腸作用にも優れています。この食材は、トレーダージョーズで購入しました。


クルミ

foodrecipe23-A-3

クルミは、ナッツ類でオメガ3脂肪酸をもっとも多く含んでいます。さらにポリフェノールやメラトニンなど、抗酸化値がナッツ類で最も高く、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれ、バランス良く栄養を補給するのに欠かせない食材と言えます。そのクルミをクッキーの中に入れることによって、栄養価もおいしさも倍増ですね。クルミは 「Raw」と書かれたローストされていない生のものをトレーダージョーズで購入しました。


ブラウンシュガー

foodrecipe23-A-4

ブラウンシュガーは、精製の際に糖蜜を分離させないため、ミネラルなどの成分が多く残り、独特の風味も残ります。田舎っぽい感じがブラウンシュガー、でしょうか。 今回は、トレーダージョーズで購入しました。

オートミールレーズンクッキー

アメリカでいただくクッキーは、とにかく甘い!!というのが第一印象で、なかなか手が出せないまま現在に至っています。今回は、食べてほっとする甘さ程度の健康的なクッキーに挑戦です。オートミール、ドライフルーツ、クルミが入りますので、栄養バランスにも優れています。一度に40枚出来ますので、お友達におすそ分けしたり、ポットラックや家のおやつとして容器に入れてキッチンに置いておくのもよいですね。

【食材と目安の量(クッキー約40枚分)】 ★印はおすすめ食材リストを参照

以下材料を上から順に混ぜていくだけです。詳しくはお料理の手順を参照してください。
※アメリカカップ使用(250cc)

  • 無塩バター(常温)・・・1スティック
  • カノーラ油・・・1/2カップ
  • ★ブラウンシュガー・・・1カップ弱
  • ハチミツ・・・100cc
  • 卵・・・2個
  • バニラエッセンス・・・小2

【A】混ぜておく

  • 小麦粉(オールパーパス用)・・・1カップ
  • ベーキングソーダ・・・小1
  • シナモン・・・小1〜2(好みで)
  • ★オートミール(ロールドオーツ) 5カップ

【B】トータルで1カップ(好みで変更出来ます)

  • レーズン・・・1/2 カップ
  • ゴールデンレーズン・・・1/4 カップ
  • クランベリー・・・1/4 カップ
  • ラム酒・・・大2
  • ★クルミ(粗みじん切り) 1カップ

【お料理の手順】

370度°F(約190°C)にオーブンを温めておく。ベーキングパン(32cm×44cm位)にクッキングペーパーを敷いておく。

  1. 大きめのボールにバターを入れ、泡立て器で良く混ぜ合わせ、カノーラ油も入れ、更に混ぜ合わせる。常にクリーミーな状態になるよう、混ぜ合わせること。
  2. 1にブラウンシュガーを入れ、良く混ぜ合わせ、
    次にハチミツを入れ、クリーミーに混ぜ合わせる。
  3. 2に卵を一つずつ入れ、良く混ぜ合わせてもったりとさせる。
  4. 3にバニラエッセンスを入れ、更に持ったりと混ぜ合わせる。
  5. ボールから泡立て器を外し、ゴムベラに替え、泡立て器で良く混ぜ合わせたAを入れる。
    その後、ゴムベラで上下に回しながらさっくりと混ぜ合わせる。
  6. 5にオートミールを入れ、同様に混ぜ合わせる。
  7. 6にBとクルミを入れ、更に混ぜ合わせる。
  8. クッキングペーパーを敷いたベーキングパンにスプーンを時々水で濡らしながら、直径3センチくらいの生地をこんもりと丸く落としていく。(以下の写真を参考にしてください。)
    ペーキングパン1枚が20枚になる。
  9. 8を3本の指で押して平らにする。人差し指、中指、薬指を使います。指を水で濡らしながら行う。
  10. 余熱したオーブンに入れ、15分。ベーキングパンの上下を入れ替えて、5〜10分。ブラウン色になったら出来上がり。
    オーブンから出し、そのまま冷ます。最初は触ると柔らかいが、しばらくするとクリスピーな感じになります。

【このレシピのポイント】
材料を上から順番に入れていくだけでよいので、とても楽なレシピですね。成形の段階でまとまりにくいですが、水を上手に使って、頑張ってみてください。少し雑に見えても、出来栄えはあまり変わらないので、力を抜いて楽しむことが出来ます。 レーズンが苦手な方は、レーズンの代わりにチョコレートチップを1カップ弱入れたら、オートミールチョコレートチップクッキーになります。子供たちにも受けそうですね。

料理を食べた方の感想

「オートミールを使った栄養満点クッキー」
・サクサクの外側の中はナッツとレーズンの味がしみ込んでいてとても美味しかったです。
・とてもヘルシーなオートミールクッキー。でもほんのり甘く、朝食のコーヒーとの相性や3時のスナックタイムも良く合いそう。

今回のまとめ

時間がせわしなく進んでいく現代。お金さえあれば、安心出来る食品も簡単に手に入り、手作りしなくても毎日の食事を作らなくても生活出来てしまいます。でも、クッキー1枚にしても、好みは違うし、栄養価の考え方も違います。自分で揃えた素材で、大事なご家族のために、お友達のためにぜひ、作られてみるのはいかがでしょうか。