シカゴの大自然を満喫!州立公園でトレッキング

シカゴの大自然を満喫!州立公園でトレッキング

広大なアメリカの大自然を感じられるウィスコンシン州最大の州立公園。

更新日: 2021年05月04日

長く寒い冬が明け、日に日に過ごしやすい気温になりつつある中西部エリアですが、5月までは油断禁物です。まだまだ防寒具は手放せません。

さて、今年の冬はステイホームで運動不足になってしまった方も多いのではないでしょうか?今回は、運動不足も解消できて、アメリカの広大な自然も満喫できる、とっておきの場所をご紹介します。シカゴからでも日帰りで行ける距離にあるので、週末の小旅行の目的地としてぜひご検討ください。

デビルスレイクレイク州立公園

シカゴエリアから車で3時間ほど北西にあるデビルスレイクレイク州立公園は、ウィスコンシン州最大の州立公園で、ソーク郡東部のバラブー山脈に位置します。広大な大自然が広がるこのエリアは20世紀初頭、シカゴの富裕層の間では別荘地として人気を博しました。現在では年間300万人もの訪問者が訪れる大変人気の高い場所となっています。

公園内には、初級・中級・上級のトレッキングコースが15種類あり、それぞれ30分から2時間程度のコースが楽しめます。公園全体に点在する多くの珪岩岩層の断崖は日本ではなかなか目にすることができないスケールで、その迫力に圧倒されるはずです。

「バランス岩」や「悪魔の出入り口」などと呼ばれている名所もところどころにあり、長い距離でもコースを楽しむことができるでしょう。苦労して辿り着いた頂上から見渡す絶景は写真や映像から得る情報以上の感動を得るに違いありません。ただし、コースは滑りやすい岩場やぬかるみなどもあるので、実際に公園に行く前にインターネットなどで下調べをして装備を万全にしておくと安心です。トレッキング初心者の方は初級コースからまず挑戦してみてください。

広大な公園内ではピクニックはもちろん、湖では貸しカヌーなどのアトラクションも充実しています。BBQにトレイル、ロッククライミングにキャンプ、カヌーにサイクリングなどなど。思いつくアウトドアアトラクションを思う存分ご堪能ください。9000エーカー以上ものサイズを誇る公園は一日だけでは到底回り切れない広さです。四季を通して余暇を過ごす定番の公園として、定期的に訪れてみるのもいいかもしれません。

ウィスコンシン州は「Dairy County(酪農の国)」というニックネームもあるほど酪農が盛んです。帰路ではぜひアイスクリームを食べたり、有名なバーガーショップで食事をしたり、乳製品のお土産を探したりと、ウィスコンシン州のグルメも楽しみに加えてみてください。

Devil’s Lake State Park
S5975 Park Rd, Baraboo, WI 53913
Tel: 608-356-8301

Web: devilslakewisconsin.com