芸人や芸術家などで活躍される西野氏NY2回目の個展

芸人や芸術家などで活躍される西野氏NY2回目の個展

更新日: 2018年05月04日

こんにちは、ニューヨークオフィスです。

今回は、既に日本で35万部を売り上げロングヒットとなっている「えんとつ町のプぺル」の作者として有名で、かつ、芸人、舞台や映像の脚本や演出から執筆活動まで幅広い分野で活躍される西野亮廣氏がニューヨークで2回目となる個展を開催されることになりました。

大好評だった1回目の個展に続き、今回も西野氏の多くのユニークな作品に出会えると思います。ちなみに、「えんとつ町のプぺル」は既に映画化される事も決まっているそうです。

入場料も無料となっているので是非一度足を運んでみてください。

にしの あきひろ氏 プロフィール

1980 年、日本生まれ。絵本作家ほか多くの顔を持つ。

芸人として、ライブ活動、テレビ出演するほか、舞台や映像の脚本や演出、執筆活動も行う。
また、最近では、新しいビジネスやサービスの発案から起業まで、ビジネスパーソンとしての活躍も際立つ。
絵本作家としては、2009 年に、0.03mm モノクロのペン 1 本で書き綴った絵本『Dr. インクの星空キネマ』で絵本作家としてデビュー。

その後、『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』を刊行。
最新作『えんとつ町のプペル』は、イラストレーター40 人と完全分業制で制作。
現在日本で35 万部のロングヒット。2020年度公開のアニメ映画も制作中。

この『えんとつ町のプペル』の独特な作り方・売り方をまとめたビジネス書を執筆(『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』)、こちらも16万部のベストセラーに。
次回作、次々回作の絵本、『チックタック 約束の時計台』『ほんやのポンチョ』も制作中。


4W43 ArtGallery
4 WEST 43rd STREET, NEW YORK, NY 10036
5/28(月)~6/3(日)12pm-20pm ※オープニングレセプション: 5/28日(月) 18pm-20pm