ニュージャージー州の南端に位置するビーチリゾート

ニュージャージー州の南端に位置するビーチリゾート

更新日: 2018年06月22日

リダックくらぶの皆さんこんにちは、ニュージャージーオフィスです。

今回は夏にふさわしいニュージャージー州の南端に位置するビーチリゾートCape May(ケープメイ)を紹介したいと思います。マンハッタンから約3時間南に車を走らせると、ビーチの美しさとビクトリア様式の建築が素敵なCape Mayに到着します。
ここまで来る途中には海辺のカジノで有名なアトランティックシティーも通過することになります。Cape Mayは高層のビルが全くなく、素朴で、アトランティックシティーなどに比べ、プライベートで、落ち着いた雰囲気の街です。ほとんどの主要エリアは徒歩圏内で、ビーチ、ショッピング、ホテルまで歩いて行く事ができとても便利です。

まずは、Cape Mayがなぜこんなに美しいビクトリア様式の街並みになったのかを簡単にお話します。もともとCape Mayは古風な海辺の街でしたが、1878年に大火災があり30ブロックの家々が全焼するという惨事がありました。それでも街の人々は悲しみに暮れる間もなく、街の再建に取り組みました。そして当時の流行であったビクトリア様式の建築物を建て、新しい街の発展に導きました。この街は1976年国立歴史保存地区にも指定されています。

Cape Mayの宿泊施設はホテル、B&B(ベッド&ブレックファスト)、家のレンタル、キャンプ場等、ご自分のお好みとお値段に合わせて選ぶことができます。お勧めはビクトリア建築のB&Bで、アンティークな家具に囲まれて滞在すれば、気分も盛り上がることでしょう。

海辺に出ると白い砂浜と透明な海が広がります。朝10時から5時半の間にビーチに入る為には、ビーチタグを購入することになります。滞在の長さによってシーズンタグ、ウイークリータグ、3日タグ、1日タグと分かれています。11歳以下は無料です。
ビーチは子供にもフレンドリーで、シャワーやお手洗いも近く、スナックや食事をするのにも便利です。海の香りを思い切り吸い込み、潮騒の音を聞いていると、とっても幸せな気持ちになります。

街の中心のワシントンストリートは歩行者天国で、多数のレストランやお店が並んでいます。この辺りのレストランはカジュアルなお店からハイエンドなお店まであり、ジャンルも多岐にわたっています。その中でもやはりおススメはシーフードです。アルコールのライセンスがあるレストランはお酒も注文できますが、ライセンスがないレストランでも自分買って持ち込む事が可能です。ちなみに、自分でアルコールを持ち込んで良いお店は”BYO=Bring Your Own”というサインがあるはずなので覚えておきましょう。

食後にアイスクリームを食べながら、ブラブラとウインドウショッピングも楽しいと思います。

Cape Mayのシンボルの一つとなっている灯台は、ワシントンストリートから車で10分ほど離れたところに位置しています。灯台の内部に入り、昇ることも可能です。199段のらせん階段を昇ると、360度のパノラマの絶景がひろがります。体力に自信がある方はぜひおススメです。

その他にも、クジラ見学、クルーズ、カヤック、自転車乗り、ワイナリー巡り、ゴルフ等、お好みに合わせて色々なアクティビティをお楽しみいただけます。皆様もこの魅力的なニュージャージー南部の街、Cape Mayに、小旅行でぜひ訪れてみてください。


New Jersey 「Cape May」