NJのお惣菜も豊富な鮮魚店2店

NJのお惣菜も豊富な鮮魚店2店

更新日: 2020年09月22日

こんにちは、ニュージャージーオフィスです。

食欲の秋ですね。美味しいシーフードが食べたくなりませんか?そこでニュージャージーオフィスより、日本では見かけない珍しい魚介類を扱っているNJ北部のシーフード専門店2店をご紹介します。

Peter’s Fish Market

イタリアの小さな漁村から始まり、今は4代目となるSteve Jr.氏も店頭でにこやかにお迎えしてくれるこのミッドランドパーク“Midland Park”にあるシーフード店、ピーターズフィッシュマーケット“Peter’s Fish Market “は、毎日新鮮な魚貝類を世界中の海や近郊の漁港から仕入れています。

来店の日にもよりますが、新鮮さがキーとも言える数種類の牡蠣や貝類も販売されています。特にお勧めなのがケープコッドなどで獲れたチェリーストーン(Cherry Stone)という柔らかくて甘いハマグリです。 蒸し物、白身魚の詰め物、パスタソースのベースとして、焼いたり、グリルしたりと、調理方法をお店の人に聞いてみてもいいですね。

また、すぐに食べられるロブスターサラダ、シュリンプサラダや揚げる生地にビールが入っている柔らかい食感のタラの揚げ物“Beer Battered Cod”、クリーミーなほうれん草をたっぷりと詰めたサーモン“Spinach Stuffed Salmon”など家で温めるだけのお惣菜も扱っています。

是非今まで食べたことのないお魚料理にも挑戦してみてください。

Peter’s Fish Market
190 Godwin Avenue, Midland Park, NJ 07432
Tel: 201-444-3331
Hours: Mon to Fri: 8am – 6pm / Saturday: 8am – 5pm / Sunday: Closed
Web: petersfishmarket.com

The Fish Dock

クロースター“Closter”にあるフィッシュドック” The Fish Dock”は、アイスランドからの輸送コンテナで運ばれたシーフードを週に数回直接仕入れています。店内はモダンなインテリアのいわゆるおしゃれなお魚屋さん。オヒョウ、サケ、アルプスイワナ、タラ、コダラ、ヨーロッパのカレイ、レモンガレイと金色のレッドフィッシュなど、綺麗な海水から水揚げされた魚は新鮮そのものです。

食べ慣れない魚をどうやって料理するの?という方でも、レストランレベルのお惣菜がかなり充実しているのがうれしいところです。

例えばフィッシュ・アンド・チップスの材料として一番良く使われる魚、モンツキダラと呼ばれるハドック“Haddock”をスープ仕立てにした” Saffron Fish Broth with Haddock “もおすすめです。
また、白く透き通った大型カレイの仲間であるオヒョウ”Halibut“ を、レモンケッパーで味付けしてからフライパンで焼いたものとオーブンでローストしたポテトとアスパラガスを添えた”Lemon caper pan seared Halibut oven fingering Potatoes and Asparagus“など、日替わりのメニューを持ち帰って味わってみるのもいいですね。
サーモンの焼きとり”Salmon Yakitori”などオンラインメニューもお店のサイトからオーダーできます。

The Fish Dock
219A Closter Dock Rd, Closter, NJ 07624
Tel: (201) 564-7939
Hours: Sun-Tue: Closed / Wed-Fri: 10am-6pm / Sat: 10am-2pm
Web: thefishdock.com