ボストンで人気のビールが飲める醸造所「Night Shift Brewing」

ボストンで人気のビールが飲める醸造所「Night Shift Brewing」

更新日: 2019年12月31日

新年明けましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。本年もリダックボストンオフィス一同、どうぞよろしくお願いいたします。

年末年始おいしいお酒をたくさん飲んだという方も多いのではないでしょうか。今回は、現在、ボストンNo.1と名高い地ビール醸造所、「Night Shift Brewing – Lovejoy Wharf」と日本人にはあまり馴染みがないボートを漕ぐアクティビティが楽しめる「Row House」をご紹介いたします。

Night Shift Brewing

既にご存知の方も多いかと思いますが、Night Shift Brewingは、フクロウのロゴで有名です。きっとどこかのリカーショップなどでフクロウのロゴのビールを見たことがあるのではないでしょうか。Night Shift Brewingは、2012年に誕生したまだまだ新しい醸造所ですが、”Boston Magazine”や”The Boston Globe”など有名紙で取り上げられるなど、人気を着実に上げています。

その理由は、ビール醸造所なのに”家族向け”をテーマにしたユニークな醸造所だからかもしれません。醸造所にも関わらず、朝から営業しており、朝食も提供しています。食事も非常においしく、お酒が飲めないという人も気軽に立ち寄ることが出来ます。その為、早朝から提供できるようにコーヒーも自社で焙煎し、フレッシュなコーヒーを提供してもらえます。

値段もお手頃で、サンドイッチ、サラダ、デザートなどすべてのメニューが$15以下です。お子様メニューは、なんと$6均一ととってもリーズナブルです。サイズもアメリカンサイズではなく、一品一品が小さめなので、日本人でもおいしく食べきれるボリューム感です。もちろん、少し変わったメニューも揃っており、Nite Lite lager(ラガー)のチーズを使用したマカロニ・アンド・チーズやハンバーガーなどもあるので、今まで食べたことの無い食べ物に挑戦できます。

Row House

ビールはおいしいけど、ビール腹が気になるしな~というお客様も多いのはないでしょうか。そんな方は、Night Shift Brewingの目の前にあるRow Houseで、飲む前にひと汗かいてみてはいかがでしょうか。Row Houseは、日本では、馴染みがないRowing(ローイング)と呼ばれるボート競技を室内で体験できるフィットネスジムです。夏であれば、チャールズ川でRowingをしている人をよく見かけますよね。あのなが~くて進行方向とは逆の方向を向いて漕ぐボートがRowingというボート競技です。
一度もやったことが無い人でも全く問題はありません。1回目の授業は無料で体験できます。室内のRowingマシーンですが、水上にいるような気分で漕ぐことが出来ます。授業は全部で6種類あり、全て45分の授業です。
その6種類の中から好きな授業を選びます。シャワーやロッカールームも完備されているので、Night Shift Brewingに行く前でも全く問題ありません。運動なんかしたことないという方や体力に自信ないという方でも負荷を調節できるので自分に合ったレベルから始めることができます。Rowingと呼ばれるボート競技は、関節に負担が少ない点で有名です。ランニングは有酸素運動の中でも人気で取り入れやすい競技ですが、膝や腰には体重の倍の力がかかると言われ、持病や怪我をされている方には負担が大きくなります。

一方、Rowingは関節への衝撃が少なく運動ができるので、膝や腰が痛い方にもおすすめです。音楽に乗りながら、ボートを漕ぐので運動をしているという辛さも感じません。これを機に一度試してみてはいかがでしょうか。

Row House

住所:25 Lovejoy Wharf, Boston, MA 02114
電話番号:(857) 702-2769
営業時間:【Mon】6-19,【Tue-Thu】6-20, 【Fri】6-18, 【Sat】9-12, 【Sun】9-12 & 16-17:30


Night Shift Brewing – Lovejoy Wharf

1 Lovejoy Wharf Suite 101, Boston, MA 02114
6174567687
https://nightshiftfamily.com/brewing/locations/lovejoy-wharf/