マサチューセッツ州での運転免許取得方法

マサチューセッツ州での運転免許取得方法

更新日: 2018年01月25日

アメリカにおいては自動車運転免許は生活上の必需品とも言えるものです。条件は各州により異なり、また、度々変更がありますので、詳細は各交通局に最新の情報をご照会ください。
※この情報は2017年12月時点の情報を元にお伝え致します。

筆記試験必要書類等

ちなみに2017年12月現在、マサチューセッツ州では、日本の運転免許証から米国免許証への書き換えは出来ません。日本人が、1年以上マサチューセッツ州に居住し、自動車の運転をしようとする場合、マサチューセッツ州の運転免許を取得する必要があります。
マサチューセッツ州の運転免許を取得するには、まず最寄の陸運局 (Registry of Motor Vehicles, 略称RMV) で筆記試験を受ける必要があります。事前予約は必要ありません。
筆記試験は、ディスプレーに向ってコンピュータが出す質問に答えていきます。25分の制限時間内に25 問中18問以上正解で合格。18問正解した時点で自動的に終了します。英語・日本語のどちらでも受講が可能です。

●申請フォーム・・・RMVでもらえます。
●SSN(ソーシャルセキュリティナンバー)カード・・・持つ資格の無い方は、Social Security Officeで”Denial Letter(持つ資格が無い証明書)”をもらえば受験する事ができます。
●パスポート
●住所が証明できる書類を2種類・・・銀行小切手、電気・電話・ガス料金の明細等
●受験費用 $30 ・・・不合格だった場合は払い直しです。

路上試験必要書類等

筆記試験合格後、写真をその場で撮影しLerner’s Permit (仮免許証)が即日発行されます。Lerner’s PermitはIDの代わりにはなりませんが、21歳以上で1年以上運転経験を有する米国内発行の運転免許証保持者が助手席に同乗することにより運転することが出来ます。
筆記試験合格後に運転免許を取得するには、Lerner’s Permit取得後2年以内に路上試験に合格する必要があります。
個人で路上試験を受けるには、RMV Telephone Centerで路上試験の申し込みをし(条件が揃っていればオンライン申し込みも可能)、決定した日時/場所で路上試験に使用できる条件を満たした自動車(パーキングブレーキがシート中央にあり、ランプやシートベルトが壊れていないもの。レンタカーや Zip Car を使う場合、試験に使うことをレンタル会社が許諾したレターが必要など)を用意する等、下記の条件を全てクリアする必要があります。

●路上試験申請フォーム(Road Test Application)・・・RMVでもらえます。 申請フォームはこちら
●Learner’s Permit・・・筆記試験合格時に発行された仮免許証。
●自動車・・・パーキングブレーキがシート中央にあり、ランプやシートベルトが壊れていないもの。レンタカーや Zip Car を使う場合、試験に使うことをレンタル会社が許諾したレターが必要。
●Certificate of Registration・・・車の登録証明書。
●同乗者(スポンサー)・・・21 歳以上で、米国免許を1 年以上継続保持している方
●受験費用 $30 ・・・不合格だった場合は払い直しです。
●免許発行手数料 $50 

Boston Driver’s Ed Driving School

慣れないアメリカ生活で、個人でスポンサーの手配やRMV承認の自動車を用意することを考えると、心配事が絶えないかと思います。
そこで、こちらではBoston Driver’s Ed Driving School経由で予約し、ストレスフリーで路上試験を受ける方法をご参考までにご紹介いたします。
Boston Driver’s Ed Driving Schoolを経由することで128ドルの追加料金を支払います。この128ドルのRoad Test Packagesを購入することにより、スクールが路上テストの予約、RMV承認の自動車の準備をし、路上試験当日はスクールの教官が後部座席にスポンサーとして同乗します。
練習抜きで路上試験を受ける事に不安を感じる方や、実際の路上試験内容をスクールの教官と練習したい方は、ロードテストパッケージに2時間のドライビングレッスンがプラスされた225ドルのSponsorship & 2hr lesson ( mock road test )がおすすめです。
2時間のドライビングレッスンでは、路上試験でテストされると想定される内容を教官と練習し、シュミレーションテストを行います。2時間のドライビングレッスンには下記の内容が含まれます。

2時間のドライビングレッスン内容
1. ハンドシグナル
2. バックでの50フィート直進
3. 縦列駐車
4. 3ポイントターン
5. 傾斜のある坂道での駐車
6. インストルメントパネル(運転席に設けられた計器盤)

Boston Driver’s Ed Driving School経由で路上試験の受験/ドライビングレッスンを受ける場合はBoston Driver’s Ed Driving SchoolのURLにアクセスし、ご希望のコースをAdd to Cartボタンで選択し、オンラインで料金を支払います。

Boston Driver’s Ed Driving Schoolへのリンクは以下
・ホームページ:www.bostondriversed.com
・土曜日のロードテストパッケージ申し込みページ:www.bostondriversed.com
オンライン決済完了後、電話: (781) 891-7277又はインターネットからロードテスト又はドライビングレッスン予約の申し込みをします。

試験申し込み日の約1週間前に、予約確定/変更の詳細が、Email又は携帯のテキストメールで届きます。この時点で、初めて試験会場と開催時間がわかります。予約確定のEmail、または、テキストメールで指定された連絡先に“CONFIRM”の返信をすることにより予約確定手続き完了となります。

路上試験当日

試験当日は、Lerner’s Permit(筆記試験合格時に発行された仮免許証。)とBoston Driver’s Ed Driving Schoolへの支払いが完了していることの証明となるオンライン決済のコピーを必ず持参してください。路上試験受験費用$35と免許証発行手数料$50は、試験前にアドレスでオンライン決済することが出来ます。事前に決済をしておけば、路上試験合格後にRMVに行かずに運転免許証を郵送で受け取ることが出来ます。

RMV Contact Center(電話対応)でのお支払いも可能です。
857-368-8000 (from the 339, 617, 781, or 857 area codes or outside of MA)
800-858-3926 (from all other area codes in MA)
Contact Centerでのお支払時にはフルネーム、生年月日、learner’s permit number、クレジットカード情報を求められます。

路上テスト当日はですが、スクールから届いた予約確定詳細に記載された時間はあくまで受付開始時間で、実際の路上試験は先着順制です。例えば試験開始時間が午前9時と記載されている場合、9時前に試験会場に到着しても受付順位が15番ですと、実際に路上試験を受けるまで4時間以上待つ場合もありますので、お早めに試験会場に到着されることをおすすめいたします。

試験会場は、MBTAやTaxiでアクセス可能ですが、車で行っても駐車スペース確保の問題はありません。
路上試験は、2人一組になって車に乗り込みます。スクールが提供する車の助手席に試験官、試験官の真後ろにスクールの教官が座ります。運転席の後ろは次の受験生です。
実技は試験会場の周りを運転します。(郊外や交通量の少ない場所が試験会場の場合、運転しやすいので合格しやすいと言われています。)
標識通りに運転するように注意し、事前にハンドシグナル、バックでの50フィート直進、縦列駐車、3ポイントターン、傾斜のある坂道での駐車などの練習をおすすめします。
実技終了後、試験会場に駐車してテスト終了です。

免許証の発行

合格すると、試験官が Lerner’s Permitの後ろにサインをしてくれます。受験費用と免許証発行手数料を前払いしている場合、このサイン済みのLerner’s Permitを試験翌日より仮の運転免許証として使用出来、正式な免許証は、1 週間程度で郵送されます。(RMVに行く必要はありません。)

前払いしていない場合は、サイン済みのLerner’s Permitを最寄の RMV へ持参し、前述の発行手数料を支払い仮免許証を発行してもらいます。
正式な免許証は、1 週間程度で郵送されます。


Massachusetts Registry of Motor Vehicle
www.massrmv.com