event

ヨーロッパ中世の気分が味わえる「ルネサンス・フェア」

Chicago 更新日: 2017年7月20日

top

こんにちは、シカゴオフィスです。
今回はシカゴ中心部から車で北に1時間ほど行ったイリノイ州とウィスコンシン州の境で毎年開催されているシカゴ近郊の夏の恒例イベント「BISTROT RENAISSANCE FAIRE(ビストロ ルネサンス・フェア)」を紹介します。
今年で何と30回目となるこのイベント。記念すべき30周年の2017年は、夏休みの期間7月8日から9月4日までの土・日と、レイバーデイの月曜日に開催されています。

それにしてもルネサンス・フェアってネーミングは一体何のだろう、と思った方も多いと思いますが、このイベントは16世紀から17世紀にかけての時代、つまりルネサンス時代の町並みを再現した作りになっていてるアミューズメント型のイベントです。
現代のような科学技術がなく、何もかもが手工芸や手造りだった時代を生きた王侯貴族や宮廷に関わる芝居や道化師、さらに魔術師や魔女や妖精など、当時を再現する人や物をあちらこちらで目にする事ができます。
例えるならルネサンスの時代を再現したアメリカ版の「日光江戸村」というとイメージがしやすい方も多いのではないでしょうか。

参加者に人気があって、皆さま、特に小さなお子様連れの方におススメのアクティビティは、とってもかわいらしコスチュームを身にまとった妖精たちを探すことです!
その妖精たちは、イベント会場の至る所に隠れています。

ココだけの話ですが、妖精達は大きな木の影にかくれていたり、木の上に居たりと、流石妖精だけあって、木の多いところに生息しているという噂を耳にしましたので、探してみてください。

このイベントは、大人$25.95、子供(5-12)$11.50の入場料がかかりますが、サイトでメルマガ会員になるともらえるディスカウントクーポンの情報やディカウントチケットが購入できるお店の情報があるので是非確認してみてください。

このイベントの大きな特徴の一つが、参加者の方もコスチュームを着ている人が多いので、一体誰がお客さんで、誰がそこで働いている人なのかも全く区別がつかない、とても楽しくて、ユニークなイベントであるという事です。
大人から子供までが、コスチューム&ファンタジーを楽しめるイベントなので、参加する際には普段とは違うルネサンスの時代に合わせたコスチュームを着てみてはいかがでしょうか。
そんな服はない!という方は、種類によって値段が異なるのですが、$20~$55くらいでコスチュームを貸し出ししているそうなので、ご興味がある方は是非。

さらに、借りるだけでは物足りない、買いたい!という方はコスチューム、中世の武器、雑貨など様々なものが買えるマーケットエリアがあるのでご紹介します。
マーケットプレイスの情報はこちら

また、期間中は毎日開催されているキッズアドベンチャーや週代わりのイベントなども開催しているようなので興味があるイベントを探して予定を立ててみてはいかがでしょうか?
各種イベントなどの情報はこちら

今年のサマーバケーションをシカゴで過ごされる方は少し郊外に足を伸ばして、ルネサンス・フェアを体験されてみてはいかがでしょうか。
繰り返しになりますが、9月4日のレイバーデイまで、レイバーデイの月曜日以外は、週末のみの開催なのでお間違えなく!


BISTROT RENAISSANCE FAIR

8473957773

12550 120th Ave, Kenosha, WI 53142

http://www.renfair.com/bristol/

ピックアップ情報