NYのリバーサイドへヤギに会いに行こう!

NYのリバーサイドへヤギに会いに行こう!

更新日: 2019年05月28日

皆さんこんにちは、ニューヨークオフィスです。

マンハッタンのウエスト側のリバーサイドパークで新しい取り組みがスタートしました。その名も「Goatham Project」

ヤギの”Goat”とニューヨークの別名”Gotham city”のGothamとをかけて名付けられたであろうこの取り組みはRiverside Driveの119~125ストリート沿いの柵で囲まれたエリアにヤギを連れてきて、ヤギにその雑草など草を食べてもらおう!というとってもユニークな取り組みのようです。
以前からこのエリアは触るとかぶれてしまう植物や急こう配のエリアであることからなかなか人が入って雑草などを処理することが難しい場所となっていましたことが今回25頭のヤギに働いてもらう事になった理由のようです。
詳しい内容はこちらのWebをご覧ください:riversideparknyc.org/goatham/

このエリアのすぐ横には”119Stリバーサイドテニスコートがあり、週末筆者がテニスをしている時にヤギがひょっこり顔を出してきました。
NYC Parksのテニスパーミットがあれば誰でもプレーができるパブリックコートなので、テニスに興味がる方はNYでテニスをする方の必須アイテム「テニスパーミット」を参考にしてください。

話がやや逸れましたが、この取り組みは先月5月21日からスタートし、8月30日まで続くそうです。

また、このように25頭のヤギ達にはそれぞれ名前が決まっており、番号が割り振られています。

それぞれのヤギの首輪にはその番号札がつけられているので「この20番ヤギはSundayだね。」というのがすぐに分かるようになっています。実は”VOTE THE G.O.A.T.”と題してお気に入りのヤギに投票するというキャンペーンが開催されているので、働きもの、つまり、大食いのヤギや見た目がかわいいヤギなど皆さんの視点で投票してみてはいかがでしょうか。
キャンペーンサイトは:riversideparknyc.org/goatthem/vote-the-g-o-a-t/

看板にも掲載されていましたがこのプロジェクトを開催する際に、皆さまにお願いです。決して食べ物を上げたり、ペットのようになつかせようとする事はやめましょう。ついついあげたくなってなってしまう気持ちはわかりますが本来の目的である”このエリアの雑草を食べつくしてもらう”という事に支障が出てしまう可能性があるからです。

是非週末などにお子様を連れてリバーサイドへヤギ達に会いに行ってみてはいかがでしょうか。


Goatham Project – Riverside Drive 119St周辺