夏本番!家族で行ける、ニューヨークのプール特集!

夏本番!家族で行ける、ニューヨークのプール特集!

更新日: 2015年07月27日

夏といえば、何を思い浮かべますか?陽射し、暑さ、太陽、汗、アイス、スイカ、海、プール、サングラス・・・? お子さんのいらっしゃる方は、この時期になると水遊びを思い浮かべられる方も多いのではないかと思います。

そんな夏真っ盛りな今月は、ご家族でのお出けにおススメのニューヨークエリアのプールをご紹介します!




ニューヨーク市には無料で利用できる公共の屋外プールが50箇所以上あり、レイバーデイ(今年は9月7日)まで毎日オープンしています。今回は、その中でもマンハッタン内にある比較的きれいなプールをいくつかご紹介。

一つ目はセントラルパーク内の北側にあるLasker Pool。冬場はスケートリンクとして営業しているこちらのプールは、セントラルパーク内にあるだけに観光客や地元の子供たちでいつもにぎわっています。かなり大きめで大人も楽しめる広さのプールと、子供用のミニプールがあるので小さいお子様連れでも安心です。

110th St. and Lenox Ave [MAP
営業時間:11:00 ~ 19:00 (15:00~16:00は清掃休憩)

二つ目は77丁目のイーストリバー沿いにあるJohn Jay Pool。こちらはルーズベルトアイランドを望むJohn Jay Park内にあり、閑静な住宅外の近くにあるので比較的落ち着いた雰囲気のプールです。こちらのプールは水深が1.2メートル程ありますので、ある程度泳ぎになれたお子様におススメします。

East of York Avenue on 77th St[MAP
営業時間:11:00 ~ 19:00 (15:00~16:00は清掃休憩)

三つ目はローワーイーストサイドにあるHamilton Fish Park。オリンピックサイズのプールはニューヨーク市内でも有数の大きさ。子供用プールも広々しており、子供たちだけでなく地元のスイマーからも人気です。

Pitt Street and Houston Street[MAP
営業時間:11:00 ~ 19:00 (15:00~16:00は清掃休憩)

その他にもニューヨーク市内にはたくさんの公共プールがありますので、下記のオフィシャルサイトからお気に入りを見つけてみてください!

公共プール情報:http://www.nycgovparks.org/facilities/outdoor-pools


公共プールを利用する際のルール

ニューヨーク市の公共プールには利用時のルールがいくつかあります。お出かけの際は必ずご確認下さい!

  • ダイアル式のロックを必ず持参する ※ドラッグストア等で購入できます。
  • プールエリアへ入る際は必ず水着を着用する
  • 貴重品は持ち込まない(電子機器、パスポート、クレジットカード等)
  • プールエリアへの食べ物の持ち込み禁止
  • 紫外線よけの上着の色は白のみOK(防犯上の理由だそうです)
  • 赤ちゃんの入水時は水遊び用の紙おむつを着用
  • ストローラーの持込は自己責任で


こんなところにも?郊外の穴場プライベートプール

公共プールのほかにも、ニューヨーク郊外にはコミュニティが運営する会員制のプールがあるエリアがあります。3枚目の写真は筆者の近所のコーアップビルディングに付随するプールで、利用者は、主に後ろに写っているビルディングの住人とこのエリアに住んでいる人たち。

小高い丘の上にあるので、道路から見てもそこにプールがあるとは誰も気がつきません。プライベートが守られている上、プールには常に3~4名のライフガードが居て、常に利用者の安全を確認していますので、お子様連れには安心です。

私たちが利用するのは週末に限られていますが、プール自体は夏の期間毎日開いていますので、サマーキャンプへ行かない子供たちにすると、このプールは夏の遊び場となるようです。

私たちの住んでいる場所だけではなく、ほかのエリアでもプール付のビルディングでは夏の期間プールだけの利用を受け付けていたります。但し、人数制限があるので、人気のところは早めに申し込まないと受け付けてもらえないと言ったこともあるようです。ビルディングに居るドアマンに聞いてみると詳しい情報がもらえます。

費用はかかりますが、パブリックプールでは望めないプライバシーや安全・安心、清潔さを保障されます。お子さんのいらっしゃる方にはお勧めなので、興味のある方は是非、お近くの穴場プールを探してみてください!