NYの街でよく見かけるFreshDirectって便利?

NYの街でよく見かけるFreshDirectって便利?

更新日: 2016年12月12日

Fresh Directって何?一体何が良いの!?

ニューヨーク周辺にお住まいの方には、外装にデカデカとロゴの書かれた配達トラックでお馴染みのフレッシュダイレクト。

簡単に言えば、オンラインサービスのスーパーマーケットです。

使い方はいたって簡単。彼らのウエブサイトwww.freshdirect.comへ行って、掲載してある商品からほしい物を選んで、必要数を入力し、最後に配達時間を選び、支払い方法を選択してオーダーを送信!オーダーが受領されたという確認メールが届いて、配達予定日時に商品を受け取ります。これだけ。

このフレッシュダイレクトのヘビーユーザーである筆者にとって何が魅力かって、それは“時間と労力”のセーブ。
夜、子供が寝静まった後に一人PCを開けてフレッシュダイレクトのサイトへ行き、必要な食品を選んで配達日時を設定して送信!1ガロン(2リットル弱)のミルクと大きなスイカ丸1個、ミネラルウォーター1ダースが入った箱にプラス、食品諸々が届けられた日には、デリバリーのお兄さんに「ありがとう」と言わずにはいられません。

Fresh Directを始めてみよう!?

初めて使うときは、まずは画面右上にある「Delivery Information」へ行き、ご自宅のZip codeを入力して配達エリアであることを確認しておきます。
せっかく申し込んでも配達してもらえないのでは意味がありませんね。

アカウントは連絡先としたいE-mailアドレスとパスワードを登録するだけで作れます。初めてアカウントを作った後は、まず「1ドルで2ヶ月無制限利用できる」配達パスを申し込みましょう!基本、1回に付き6ドル程度の配達費がかかりますが、このパスを申し込めばお試し期間2ヶ月間は何度オーダーしても配達費は不要になります。

まずは2ヶ月試してみて、あまり魅力的ではないなぁと思えば、この時点で止めてしまえばいいのです。あら、便利って思ったら、半年間何度使っても69ドル(税金が入ると75ドル程度)に申し込むと半年間使いたい放題です。また、プロモーションのお知らせメールが入ってきますので、こまめにメールをチェックするのもお忘れなく。

Fresh Direct何から手を付ければ良い!?

さて、たくさん商品のある中で何を買えばいいのでしょうか?私がまずチェックするのは、「President’s Pick」。 これは、毎週木曜日に更新されるその週のお買い得商品一覧です。スーパーにある今週の特売品ってところでしょうか。

ここを見終わったら、今度は欲しい商品群へ行きましょう。Fruit、Vegetable、Meet、Fish・・・と続きます。ひたすらお得なディールを探すのであれば、それぞれのところにあるSaleをクリックすると、その週のお買い得商品一覧へ行くことができます。またはDealsというところへ行くと、色々なお得商品が載っているページへ行きます。

最初は何があるかわからないと思いますので、サイト内をうろうろとさまよって、何があるかをよーく見てください。

Fresh Directでおススメは果物!?

このフレッシュダイレクト、創立者は元WholeFoods関係者だったということもあり、OrganicやGlass Fedの食品を豊富に扱っています。アメリカ食生活Laboの中村氏のお話にも登場しましたね。物によっては、独占契約しているところから仕入れをしているので、このフレッシュダイレクトでしか手に入らないというものもあったりします。

筆者からのお勧めはフルーツ類。星によるレートをつけているのですが、4つ以上付いているものは確実に「甘い」です。

3つだと普通。でも、アメリカの普通のスーパーにあるフルーツよりはレベルは上です。後は、オーガニックの野菜とデイリー関係(ミルク・卵など)と、Glass Fedのお肉類。お肉類は最低1パウンドからになってしまうので、ちょっと量が多すぎるのよねぇと思う方もいらっしゃるかと思いますが、ここは頭の使いよう。
私はさっさと使う分に分けてしまいそれぞれを冷凍保存してしまいます。もしくは一緒に2回分作って、1回分を冷凍保存。これも手抜き母のやり繰り作戦です。

Fresh Directのカスタマーサービスとは!?

フレッシュダイレクト、カスタマーサービスが良いのでも評判が高いです。もし、届いた食品にダメージがあったとします。このダメージのあった商品をカスタマーサービスへどういったダメージがあったかを報告して、「代替品が欲しい」とか言ってみてください。

大体2日以内には返事があり、「不良品を送って申し訳ありませんでした。代金分のクレジットを出しますので次回以降に使ってください」と言われるはず。あまりありませんが、もし痛んでいる食品が届いた場合は、必ず諦めずにカスタマーサービスへコンタクトしてみてください。

それから時々入れ忘れることもありますので、オーダーしたものがすべて届いたかをチェックするの忘れないように。もし、入っていないものがあれば、これも上記同様にカスタマーサービスへレポートして、クレジットを出してもらいましょう。

ちなみに、英語の会話が不得意な方でも安心です。ログインした状態で、Contact to usをクリックするとカスタマーサービスへメール配信できる画面になりますので、該当するデリバリーを選んで、「XXが痛んでました」とか「XXが入っていませんでした」って簡単に書いてSubmitボタンを押すだけです。後は、メールで回答が来るのを待ちましょう。

最後に!?

ということで、使って便利なフレッシュダイレクト。お子さんがいらっしゃって買い物に出るのが簡単でない方や忙しい方にはとても有効。でも残念なことは、少し割高になりがちなのと1パウンドが基準になるものが多いので量が大目だということです。

自分の目で見たものしか信用できないと思っている方にも向かないです。あくまでも、時間を有効に使いたい方、車が使えなくて重いものを運ぶのに苦労されている方など向けと言えるかも知れません。

もうすぐ2017年がスタートします!忙しい人の味方!フレッシュダイレクトであなたのライフスタイルを変えてみてはいかがでしょうか。


オンラインスーパーマーケット Fresh Direct
www.freshdirect.com