ニューヨークの秋を満喫するお勧めスポット

ニューヨークの秋を満喫するお勧めスポット

更新日: 2015年08月24日

こちらの記事をご覧頂いている方の中には今年初めてニューヨークの秋を迎えられる方も多いと思います。

秋は、筆者がニューヨークで一番好きな季節です。 ニューヨークの秋は日本と比べて残暑が厳しくないので、日中はただひたすら気持ちがよく、どこまでも続く青い空を見ているだけで心が癒されます。

多くのニューヨーカーにとっても、長~い冬の前に訪れる秋は、つかの間のご褒美のような最高の季節なのです。

日本の秋といえば、「美しい紅葉」や「味覚の秋」などでしょうが、ニューヨークの秋といえば何があるのでしょう。

ニューヨークの秋と聞かれて何を思い浮かべますか?という質問を同僚や友達にしたところ、

「セントラルパークの紅葉」、「ワイン」、「When Harry met Sally」(邦題:「恋人たちの予感」)、「貫けるような青い空」、「おしゃれに装う人々」、「パンプキン」、「焼き栗」、「Metropolitan Operaのオープニングナイト」 などなど、確かになぁと思わせる回答が集まりました。




王道のセントラルパーク

Central Park

ニューヨークの秋といえば、やはりセントラルパークは外せませんね。 紅葉の美しい公園をのんびり歩くと、まるで映画のワンシーンの中にいるような気分になってきます。映画といえば、先ほども名前のあがった「恋人たちの予感」でメグ・ライアンとビリー・クリスタルが落葉を踏みながらセントラルパークを散歩するシーンがとても素敵です。

歩きすぎて、小腹がすいたら、公園のあちらこちらで見かける屋台でホットドッグやプレッツェル、焼き栗を買ってみるのも楽しいです。

あんな高いだけで美味しくないものを・・?をと思う人もいるかも知れません。でも、良いんです、人生で一度はそういった経験をするのも。数年後に「あぁ、ニューヨークに居たときに、セントラルパークを歩いて、まずいホットドッグを食べたなぁ」って思い出すんですよ、きっと。それはそれで、忘れがたい好い思い出になりますよ?


紅葉を見ながらワイナリーめぐり

ニューヨーク郊外で車があれば、ハドソンバレーへお出かけするのも楽しいです。ハドソン川沿いの紅葉がとてもきれいですし、何もより風景がダイナミックです。大自然を感じながら紅葉を楽しめます。

ハドソンバレーといえば、ロングアイランドと並んでワインの生産地として有名なので、辺りの紅葉を楽しみながらワイナリーめぐりをするのもきっと愉しいはず。運転をする方には申し訳ないですが、どこまでも青い秋の空の元、ワイナリーでフレッシュなワインの試飲を楽しむ。素敵な大人の秋の行楽です。

wine wine

おススメは、全米最古のワイナリーとして有名な、BROTHERHOOD WINERY

創業1893年、全米最大を誇る地下のワイン貯蔵庫は当時の職人たちが手作業で築き上げた代物で歴史を感じさせます。

この貯蔵室で随時行われている試飲ツアーに参加すれば、あなたもちょっとしたワイン通になれます。

今現在製造されているワインは約20種類、その中でも注目はこのワイナリーのオリジナル 限定品 ”Mariage”(結婚)。

その名のとおり75%のCabernet Sauvignon (カベルネ ソーヴィニヨン)赤用ぶどうと、Chardonnay (シャルドネ)白用ぶどうをブレンドしてできるワインで、 サザビーズのワインオークションに毎年出品されるコレクターズ アイテムです。

その他にもワイナリーの情報をご覧になりたい方は、 I love NY.Comへどうぞ。


芸術の秋・Metropolitan Operaのオープニングナイト

Metropolitan Opera

様々なアートやエンターテイメントが溢れるニューヨークでも、秋はやはりオペラが本命。

ニューヨークのリンカーンセンターに拠点を置き、キャストや舞台装置の豪華さで名高いMetropolitan Opera(通称Met)の公演シーズンが始まります。

特にシーズンの幕開けとなる初日は、”Metropolitan Opera Opening Night”と呼ばれ、オペラを愛するニューヨーカー達が心待ちにする特別な日です。

その年に一番輝いている歌手が起用されるこのオペラの祭典では、ここ一番と着飾ったオペラファンがリンカーンセンターへ詰め掛けます。

今年は9月21日(月)に予定されているのですが、一年に一度の機会とあってチケット価格は毎年高騰し、中々手に入らないのが現状。ただし、そこはさすが芸術を愛するニューヨーク。無料のパブリックビューイングで観劇できるのです。

場所はリンカーンセンター前のJosie Robertson Plazaとタイムズスクエアの2箇所で先着順で席をとる事ができます。とはいえ、こちらも年々噂と人気が広まり、いまでは席を確保するのはかなり難しいようです。

オープニングナイトは敷居が高くても、Metでは、毎夏Summer HD Festivalという無料のパブリックビューイングイベントをJosie Robertson Plazaでやっているので、オペラの雰囲気を感じたい方は是非足を運んでみて下さい。

  • The Metropolitan Opera’s 2015 Summer HD Festival
開催期間:8/29~9/7
詳細:http://www.metopera.org/About/Press-Releases/The-Metropolitan-Operas-2015-Summer-HD-Festival11/