マサチューセッツ州の隠れ人気競技といえば?

マサチューセッツ州の隠れ人気競技といえば?

更新日: 2019年02月26日

段々と寒さが和らぎ日ごとに暖かくなってまいりました。そろそろ皆さんも外に遊びに出たくなってうずうずしているのではないでしょうか。

今回はリダックおススメの週末お出かけスポットとして、ボストンの地元っ子が愛する「Flatbread Company」をご紹介します。Flatbread Companyはキャンドルピンボーリング(candlepin bowling)と呼ばれる特殊なボーリングとピザを一緒に楽しめる場所です。キャンドルピンボーリングとは、1880年代にマサチューセッツ州で生まれたボーリングのような競技で、ニューイングランド地方を中心に人気があります。ボーリングとの違いは、1回に付き2回投げるのではなく、3回投げます。

また、キャンドルピン ボーリングの球は通常のボーリングの球と比べ非常に小さく、グレープフルーツほどのサイズで、直径12センチメートル程です。また、指を入れる穴はないので、ボールをそのまま掴んで投げます。球をそのまま掴んで投げるなんて、そんな競技は簡単だろうと思いがちですが、予想以上に難しいのがキャンドルピンボーリングです。キャンドルピンボーリングの球は軽いのですが、その分、倒すピンも細めですので、通常のボーリングよりもキャンドルピンボーリングを攻略するのは難しいといわれています。通常のボーリングよりはボーリングの球も小さいので、お子様と一緒に挑戦しても楽しいかもしれません。ちなみに、名前の由来はピンが細い為に”キャンドルピン”ボーリングと名付けられたそうです。

地元っ子には非常に人気の場所なので、週末はもちろん、平日の夜でも若者や子供連れの家族などたくさんの人で賑わっています。行く度にウェイティングリストがあるほど混んでいるので、8人以上のグループの場合、事前予約をすることをお勧めします。値段はというと1レーンに付き、1時間$30で予約が可能です。ボーリングシューズは$3で借りられます。場所は、地下鉄(T)のレッドライン線、Davis Square駅下車徒歩5分の場所にあります。

また、この場所をお勧めするもう一つの理由はFlatbread Companyで食べられるピザです。

ピザは、毎回注文した後に本格的な窯で薪を使って焼いてくれるので、出来立て熱々、かつ、とってもジューシー。何を隠そうリダックボストンオフィスの従業員の行きつけのレストランで、皆さんには隠しておきたいほどです。

ピザのサイズはスモール、またはラージの2つの種類から選択できます。大人2人であればラージで十分かと思います。一見サイズは大きめと思いますが、薄めの皮、またオーガニックで高品質の食材で出来ているので簡単にペロッと1枚食べられてしまいます。我々が訪れる際はいつもピザを1種類に絞り込めず、2種類選ぶことがほとんどです。食べきれない場合でもお持ち帰りができますので、多めに注文していろいろな種類を試してみましょう。

また、毎週火曜日は、Benefit Night(慈善行事)が行われており、食べたピザの利益の一部が、サマービル近辺地域の非営利団体に寄付されます。ピザを食べるだけで、社会に貢献できる。
なんて素晴らしいことでしょう。マサチューセッツ州発祥の競技を、地元マサチューセッツ州で挑んでみてはいかがでしょうか。