activity

サンノゼの絶景ドライブスポット「Hearst Castle」

Bay Area 更新日: 2017年2月22日

top

リダッククラブの皆様こんにちは!

ようやく暖かくなり、ドライブが気持ちよい季節となりましたね。
今回はサンノゼオフィスから週末お出かけスポット、ハーストキャッスル(Hearst Castle)をご紹介します。

太平洋沿岸を走る州道1号線は人気のドライブルートですが、そこから少し陸側に入ると丘の頂上にそびえ建つハーストキャッスル。週末のドライブを楽しみながら、歴史的な建築や美術品が観賞出来る最高のお出かけスポットです。

サンノゼからハーストキャッスルまでの所有時間は州道1号線で約3時間。パノラマ景色が広がる風光明媚な1号線のドライブを満喫出来るので、あっという間に到着という印象です。

ハーストキャッスルは新聞王のウィリアム・ランドルフ・ハースト(William Randolph Hearst)のデザインに拘り抜いた大豪邸です。サンフランシスコ出身のアメリカ初の女性建築家ジュリア・モーガン(Julia Morgan)によって建築されました。現在はカリフォルニア州の州立公園となっています。

広大な敷地内にはヨーロッパの教会をイメージしたキャッスルと3つのゲストハウスがあります。なんと部屋数は計177部屋!ツアーで回れるのはその中の数部屋だけですが、どの部屋もとても豪華で見ごたえ十分です。

キャッスルの周りには鮮やかな庭園やローマスタイルの屋内プールと屋外プールがあります。そして現在は跡地となっていますが以前はプライベート動物園までもが併設されていたようです。

見学にはツアー参加が必要です。丘下にあるビジターセンターにてチケットを購入することも出来ますが、ウエブサイトから事前購入することも出来ます。様々なツアーがあるので、一度だけでなく何度訪れても楽しめるのがここの魅力です。

チケット購入後は、バスで10分ほど丘を登ってキャッスルに向かいます。緑の丘を上がるに連れて青い太平洋が見え始め、キャッスルに到着する頃には素晴らしい絶景が待っています!

ツアー以外にも映画館があり、ハースト氏の人生とキャッスル建築の歴史を知ることが出来ます。その中には喜劇王チャーリー・チャップリンやハリウッドスターがキャッスルのパーティに参加している姿を見ることが出来き見応え十分です。

特に注目したいのが、豪華な装飾が施されたローマスタイルの屋内プール(Roman Pool)です。プールの大きさにも驚きますが、薄暗い空間に青と金のモザイクタイルが前面を彩るデザインにはため息が出るほど洗練された美しさです。

またプールを見守る様に、真っ白な8体の大理石像が置かれており古代のローマ時代を彷彿させます。

ツアー後はキャッスルの周りを自由に散策することが出来ます。ビューポイントにはベンチが置いてあるので、丘の上から陸と海の景色を楽しむことが出来ます。ツアーを含め意外と段差や階段の多い場所を歩くので、歩きやす靴と事前にビジターセンターのカフェでスタミナをつけてからキャッスルに向かうのをお勧めします!次の週末は是非ハーストキャッスルをお試し下さい。


Hearst Castle

8004444445

8W 18th Street, Hearst Castle Rd, San Simeon, CA 93452

【Mon-Sun】8am-4pm except Holidays

http://hearstcastle.org/

ピックアップ情報