event

ハロウィンにちなんだベイエリア周辺のおすすめイベント

Bay Area 更新日: 2018年9月14日

top

こんにちは、リダック・サンノゼオフィスです。

長かった日もすっかり短くなり朝晩の気温も下がり始め、秋の訪れを感じる今日この頃です。

最近は日本でもポピュラーになってきたハロウィーンもすぐそこですが、今回はハーフムーンベイのハロウィンイベント、日本の団体によるハロウィンイベント、力の入った?!デコレーション見物も兼ねて、「トリック・オア・トリート」で有名なローカルの通りなどご紹介します。

ハーフムーンベイ(Half Moon Bay)

ハーフムーンベイはハイウェイルート1と92が交差する辺りに位置しますが、このエリアは地元で別名「パンプキン・タウン」と呼ばれています。パンプキンタウンと呼ばれる由来をいくつかご紹介します。

【パンプキンパッチ(Pumpkin Patch)】
パンプキンパッチとは、ハロウィン用のカボチャを売っている期間限定の販売所のことで、ハロウィンが近づくと町のあちらこちらで見かけますが、ハーフムーンベイは農場のパンプキンパッチでとても有名です。場所によっては広大な土地に転がるカボチャの数に圧倒されます。
代表的な農場を二つご紹介します。

●Lemonsfarm:www.lemosfarm.com/

●farmerjohnspumpkings:www.farmerjohnspumpkins.com/

他、大小のパンプキンパッチがありますが、お子様向けにポニーライド、ミニトレイン、ジャンプハウス、ミニ動物園などが併設されているところもあり、ちょっとした遊園地気分も味わえます。

【巨大カボチャコンテスト(2018 World Championship Pumpkin Weigh-Off)】

ハーフムーンベイでは毎年$30,000の賞金を目指してカボチャの重さを競うコンテストが行われています。このコンテスト今年でなんと驚きの第45回目です。
世界記録(2,624lb=約1,189kg)を抜くことができれば$30,000の賞金を手に入れる事ができ、世界記録に達しない場合は1lb当たり$7の賞金がもらえるそうです。一体、そんなに大きなカボチャ、どうやって育て、その後はどうするのでしょうね。

日時: October 8, 2018 7-11 am
場所: 735 Main St., Half Moon Bay
入場: 無料
Web: https://weighoff.miramarevents.com/index.php

【アート&パンプキン フェスティバル(2018 Half Moon Bay Art & Pumpkin Festival)】

10月中旬の週末にハローウィーンにちなんだ、いかにもアメリカらしいフェスティバルがMain Streetで行われます。今年で48回目ですが、パレード、カボチャのカービング実演、フードブース、コスチューム・コンテスト、パイ・イーティング・コンテストなどがあり、毎年多くの人で賑わいます。

道路も駐車場も混み合いますので、朝早めにお出かけくださいね。

日時: October 13-14, 2018 9am-5pm
場所: Main Street, Half Moon Bay
入場:無料
Web: https://pumpkinfest.miramarevents.com/

さくらクラブ 10月パークデー(ハロウィン大運動会)

シリコンバレー ママと子供たちのサークル、さくらクラブはスポーツの秋とハロウィンを一緒に楽しんじゃおう、という企画で毎年このイベントを催されているようです。題して「トリックオア”フィールドトラック”アンドトリート」

日時: October 7 (Sun), 2018 10am- 12pm
場所: Wilson Park (10298 S Portal Ave, Cupertino, CA 95014)
内容: 仮装して記念撮影、運動会&トリックオアトリート
参加費: 会員の方は無料、非会員(お子様一人につき$5)
持ち物: 動きやすい靴、トリートを入れるカゴや袋、お子様一人につき5個のトリート(ふりかけ、シールもオッケー)
申込み方法: お申し込みはactivitysakuraclub@gmail.comまでEメールでお申込みください。
必要な内容: メールの件名を「ハロウィン運動会」、メール本文に親子の名前、会員または非会員、お子様の年齢を明記ください。
申込み締切日: 10月3日(水)

年齢制限はないそうですが、2~5歳ぐらいのお子様が一番楽しんでいらっしゃるそうです。ただ、2歳より小さいお子様、小学校高学年のお子様、時には中学生もご兄弟として参加されるようです

ロスガトス、テートアベニュー(Los Gatos Tait Avenue)

ハロウィン当日、日が暮れ暗くなると、子ども達は仮装をして「Trick or treat(トリック・オア・トリート)」に出かけます。トリック・オア・トリート(=お菓子をくれなきゃ、イタズラするぞ。)と言って玄関先でキャンディをもらうのです。

普通は近所の家々を回りますが、ロスガトス在住の方から耳よりな情報を入手しました。ロスガトスのTait Avenueは通りを挙げてのデコレーション、仕掛けやライブミュージックで盛り上がり、毎年たくさんの人が「トリック・オア・トリート」に訪れるそうです。
この通りは、夕方から約4時間ほど車両進入禁止にし、歩行者天国になるそうです。また、地元紙によるとあるご家庭では100lb(約45kg)のキャンディ類を準備していたり、別のご家庭では1,000人近い子ども達が訪れた、とも報道されています。
ハロウィン当日はこのストリートが観光名所のようになっているそうです。

いかがでしたでしょうか。このエリア以外にも、ローカルのダウンタウンのお店でも「トリック・オア・トリート」が行われます。キャンベル(Campbell)、ロスアルトス(Los Altos)、ウィローグレン(Willow Glen)、サラトガ(Saratoga)など、お店を廻ってキャンディがもらえるそうですよ。

今年も楽しいハロウィーンとなりますように!ハッピーハロウィン!!

ピックアップ情報